fbpx

蓄膿症にオススメの漢方薬を解説!

「最近、黄色い鼻水が出て頭痛もする・・・」

「蓄膿症が再発して辛い!どの漢方薬が良いの?」

日常生活にも支障をきたす蓄膿症。

鼻詰まりや鼻水・頭痛など様々な症状が出るため、勉強や仕事に集中ができなくなります。

しかも嫌な匂いがすることも特徴の一つ・・・

一刻も早く治したいものです。

そんな時にオススメな漢方薬を今回ご紹介いたします!

1 蓄膿症とは?

まず初めに、蓄膿症とはどのような病気なのか?

病態・症状に分けて解説します。

1-1 蓄膿症の病態

蓄膿症は、別名、慢性副鼻腔炎と呼ばれます。

鼻の横にある副鼻腔に膿が溜まった状態です。

ほとんどが風邪によって引き起こされます。

風邪が治ったと思ったら、鼻症状だけ続き、蓄膿症に・・・といった感じが多いです。

風邪の際に細菌やウイルスが副鼻腔の中に入り、増殖して炎症が起き、鼻水の排泄力が低下すると副鼻腔に膿が溜まり、発症するといった流れになります。

1-2 蓄膿症の症状

では、どのような症状が起こるのでしょうか?

特徴的な症状は以下の通りです。

・鼻閉感(鼻詰まり)

・粘り気のある黄色い鼻水

・鼻から不快なニオイ

・頭痛・頭重感

粘り気のある黄色い鼻水は、風邪の際にも起こる症状ですが、鼻から不快なニオイがするというのは、蓄膿症の可能性が高いです。

あれ?ちょっと嫌なニオイするかも・・・と思ったら病院を受診しましょう。

2 蓄膿症とアレルギー性鼻炎の違い

「蓄膿症の症状は理解できた。けど、アレルギー性鼻炎と何が違うの?」

そう、蓄膿症とアレルギー性鼻炎の違いはわからない方がほとんどでしょう。

似て非なるものです。

決定的な違いは、顔(特に副鼻腔)のレントゲンを撮った時に現れます。

蓄膿症は副鼻腔に膿が溜まった状態なので、レントゲンでわかりやすいです。

ここで膿の存在がわかれば蓄膿症が確定するでしょう。

次に、黄色い鼻水や不快なニオイ、頭痛感が酷いのであれば、蓄膿症を疑います。(重症度によっては透明の鼻水の場合もあります)

アレルギー性鼻炎は、基本的に透明のサラサラした鼻水が出ますし、膿は溜まっていないので変なニオイはしません。

このような違いがあります。

3 蓄膿症にオススメな漢方薬【解説】

次に、タイトルにあるように、蓄膿症にオススメな漢方薬の解説に入ります。

本題です。

今回ご紹介する漢方は、以下の3つです。

これらの漢方は実際の医療の現場でも処方されるような漢方になります。

個々の体質に基づいて処方されるので、一概に「コレ!!」と言い切れないのでご了承くださいませ。

【蓄膿症にオススメな漢方薬】

・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

・辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

・葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

それでは、1つ1つ解説していきます。

3-1 荊芥連翹湯

読み方は、「けいがいれんぎょうとう」です。

体力中等度以上の方に合うことが多いです。

皮膚の色が浅黒かったり、手足の裏に脂汗をかきやすく腹壁が緊張しているような方にオススメです。

鼻水の色が黄色い場合に有効。

注意点として、胃腸障害を引き起こしやすいため、胃腸虚弱の方は注意が必要です。

また、体を冷やす作用があるので、冷えの強い人は避けます。

3-2 辛夷清肺湯

読み方は、「しんいせいはいとう」です。

中国の医書である外科正宗に収載されている漢方薬です。

昔から使われてきたものですね。

辛夷清肺湯は、慢性期の蓄膿症に適していて、清熱・解毒・滋陰の作用があります。

体力中等度以上の方向けであり、黄色の粘り気の強い鼻汁や痰、黄色の舌苔、鼻汁がしつこくのどにおちてくる状態(後鼻漏)の症状に、補助的に処方されます。

ちなみに、黄色い鼻水・舌苔というのは、熱を持っている証拠です。

また、辛夷清肺湯の名前にももある“辛夷”には、鼻の通りをよくする作用があり、熱や炎症をひく“石膏”や“黄ごん”も配合されている漢方です。

さらに、抗生剤(マクロライド系;クラリス)に抵抗する慢性副鼻腔炎に対し、効果を示します。


3-3 葛根湯加川芎辛夷

読み方は、「かっこんとうかせんきゅうしんい」です。

この漢方薬は、急性期に向いている特徴があります。

7種類の生薬からなり、「葛根湯」に川きゅうと辛夷を加えたものです。

そのうちの1つである麻黄には、交感神経を刺激するエフェドリン類が含まれていて、血管収縮薬と同様の作用を示し、鼻粘膜の腫れを改善します。

発汗・発散作用のある“桂皮”や、痛みを緩和させる“芍薬”、鼻の通りをよくする“辛夷”などが配合されています。

比較的体力があり、透明な水っぽい鼻水、鼻やのどなど、首から上に炎症が集中して治りにくい場合に処方されることが多いです。

名前にもある”葛根湯”が基本になっているので、体力が著しく低下している方には適しません。

頭重や肩こりに悩む方に向いていて、冷えるとその症候が増悪するような場合に治療効果が得られます。

4 まとめ

さて、今回は「蓄膿症」に焦点を当てて解説しました。

ドラッグストアなどに売っているOTCの中にも、蓄膿症の漢方薬があります。

例えば、「チクナイン」は辛夷清肺湯が配合されています。

このように漢方薬は様々な場所で活躍しています。

化学的なものではないため、馴染みやすさがあったりしますよね。

自分の体質に合ったものを選べば、しっかりと効果を示すので、漢方を購入する際は専門家に相談してみると良いと思います。

店舗一覧

LINEの友達登録をしていただくと、
「公式LINEお友達価格」で購入できます。

LINE友達は
こちらから

PCご利用の方は、表示されるQRコードをスマートフォンで読み取ってください。



<会社概要>
SD C株式会社
東京都渋谷区恵比寿4-20-4
恵比寿ガーデンプレイス グラススクエア棟地下1階
Tel:03-4405-1614
Mail:info@selfcare-sdc.com

代表取締役社長 服部 雄太
副社長     志賀  大
COO     小瀬 文彰

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。