疲れやすくだるい…慢性的な疲れの原因は?

「疲れやすくてだるい…慢性的に疲れている…」
「疲れやだるさの原因について知りたい…」
慢性的な疲れやだるさを感じている方はいらっしゃいませんか?疲労を感じる原因にはさまざまな理由が考えられますので、それらを理解して避けることが、疲れやだるさを解消する手立てとなります。

今回は、「疲れやすさやだるさの原因」をテーマにお届けしていきますので、疲労を抱えている方は、ぜひご覧ください。

そもそもだるいとは?

だるい(倦怠感)とは、体が重く感じたり、いつもの生活が送りづらいと感じる状態のことです。何もやる気が起きない・集中力が低下するなど、精神的な不調も同時に発生しやすく、このような症状が長期的に続く場合もあるでしょう。

疲労の種類について

疲れやすかったり疲れが取れないなど、疲労感に悩まされる方は多いですが、疲労にも細かな種類があります。続いて、疲労の種類について見ていきましょう。

肉体的疲労

肉体的疲労は、文字通り肉体に疲労が溜まり、筋肉を動かすためのエネルギーが不足している状態です。エネルギーが不足すると、体は本来の力を発揮できません。

神経的疲労

神経的疲労は視神経などを酷使することで起こる頭の疲れです。長時間デスクワークをする方に発生しやすいでしょう。

精神的疲労

精神的疲労は、悩み事やストレスを原因として心が疲れてしまう状態です。心の問題は体調に影響してしまいます。

だるくて疲れやすい原因とは?

だるさ・疲れやすさの原因には、次のようなものがあります。

運動不足

運動をしなければ疲れにくいように感じますが、運動不足によって代謝が下がると、血液や水分の循環が悪くなって、慢性的な疲れの原因になります。また、デスクワークなどで同じ姿勢でいる時間が長い方も、長時間筋肉を緊張させて疲れやすくなってしまいます。

エネルギー不足

エネルギーが不足した体は、ガソリンが切れた車のような状態です。ダイエットなどで極度な食事制限をしてしまうと、エネルギー不足に陥ってしまうでしょう。

睡眠不足

睡眠中には、成長ホルモンの分泌が増えて、疲労解消・コレステロール値の上昇の抑制・筋肉量のキープが行われます。つまり、睡眠不足が続くだけで、疲れが溜まりやすい状態になるのです。また、睡眠は長さだけでなく質にもこだわる必要があります。

ストレス

ストレスが溜まっている方は、脳が疲労しやすく疲れが解消されない原因になります。ストレスの解消方法を見つけるなど、上手にストレスと付き合っていくようにしてください。

だるくて疲れやすい…と思ったら生活習慣を見直そう

だるさ・疲れやすさを感じているのなら、まずは生活習慣を見直しましょう。具体的には、しっかりとした質の良い睡眠を毎日6〜8時間取ることを習慣づけ、栄養バランスの整った食事を3食食べてください。毎日30分だけでも運動する時間を用意したり、リラックスできる習慣を作るのも効果的です。

慢性疲労症候群とは?

生活習慣を見直して十分な休養をとっても、体調が良くならない状態が長期的に続く場合は、慢性疲労症候群である可能性があります。

慢性疲労症候群になると、全身の倦怠感が慢性的に続き、発熱・リンパ節肥大・咽頭痛・筋肉痛・関節痛・頭痛などさまざまな症状が現れます。慢性疲労症候群は原因や病態が明らかになっていないことから、医師の診察と治療が必要です。

まとめ:疲れやすくだるい…慢性的な疲れの原因は?

いかがでしたか?慢性的な疲れの原因には、
・運動不足
・エネルギー不足
・睡眠不足
・ストレス
などがあるということでした。
どの原因も自分で気づかないうちに習慣化してしまうため、自分の生活習慣を見直す必要があるでしょう。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する