痒みのメカニズム(原因)と対処方法について

「痒みのメカニズムを知りたい…」
「なぜ皮膚が痒くなることがあるのだろう…」
体が痒くなる頻度が多い方の中には、なぜ痒みがあらわれるのか疑問に思う方もいるでしょう。どのような人であっても痒みを感じることはありますが、それは何が原因なのでしょうか?

今回は、痒みのメカニズム(原因)をテーマにお届けしていきます。痒みの原因を知りたい方はぜひご覧ください。

痒みのメカニズムとは?

痒みは「C線維」という神経を通じて脳に伝えられます。こうすることによって、異常の生じている部分を我々は知ることができ、そこから異物を除去しようとします。痒みによって異物を掻いて取り除こうとすることから、生体防御反応として現れると考えられています。

痒みの原因とは?

次に、痒みを引き起こす原因についてみていきましょう。

まず考えられるのは、「汗」です。汗が汗腺にたまると、あせもが生じます。これによって炎症を引き起こし、痒みが発生するというわけです。

虫刺され

次は、「虫刺され」です。虫刺されでは、噛まれたり刺されたりする際に含まれる物質によってアレルギー反応が起き、痒みが引き起こされると考えられています。

ハウスダスト

ハウスダストも痒みの原因の1つとなり得ます。ハウスダストにはダニのみならずカビや衣服から抜け落ちた繊維など多くのものが含まれます。これらによってアレルギー反応が起き、痒みの原因になります。

皮膚の乾燥

続いて考えられる原因は、「皮膚の乾燥」です。皮膚の乾燥によってバリア機能が低下し、外部からの刺激が皮膚内部に伝達されやすくなってかゆくなることがあります。これによる痒みでは、皮膚を保湿することが肝心です。

薬の副作用

次に考えられる原因は、「薬の副作用」です。薬によるアレルギー反応によって、体中に蕁麻疹や発疹(薬疹)が現れ、痒みが引き起こされることがあります。

アレルギー

最後に考えられる原因として、「アレルギー」があります。アレルギーとは免疫の過剰反応のことをいいます。先ほど述べたハウスダストもそうですし、虫刺されや食物アレルギーなど、アレルギー反応による痒みは多岐に渡ります。

痒い部分はかいてはいけない?

皮膚がかゆくなるとかきたくなりますが、かきすぎるのはかえって症状を悪化させます。というのも皮膚をかきすぎるとかき壊しが引き起こされ、それによって化膿したり、炎症を増幅させて痒みが出てくるという悪循環に陥ります。

痒みの対処方法について

痒みの対処方法は下記が挙げられます。
・患部を冷やす
・市販薬の服用
・定期的な掃除でハウスダストを除去
・アレルギーの原因となる花粉を避けるためにマスクを着用
・帰宅後花粉を落として部屋に持ち込まない
・肌の乾燥を改善するためにスキンケアをおこなう
・食事が偏っている方はバランスのとれた食事を口にする
・ストレスも痒みを生じる原因と考えられているため、ストレスを溜めないこと
痒みを感じれば上記のことを意識し、対処しましょう。

まとめ:痒みのメカニズム(原因)と対処方法について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・痒みは「C線維」という神経を通じて脳に伝えられ、生体防御反応として起こる
・痒みの原因は虫刺され・アレルギーなど多岐に渡る
・かき壊しを防ぐためにも、かきすぎるのではなく患部を冷やすことなどが大切
以上の点が重要なポイントでした。痒みは体を守る反応ではあるものの、それが不快な症状としてあらわれます。痒みがつらいという方はセルフケアをおこなったり病院の治療を受け、改善させましょう。

処方箋なしで病院の薬が買えるセルフケア薬局

病院で処方される医薬品の中には処方箋を必要としない医薬品があり、セルフケア薬局では零売薬局としてそのような医薬品を多数取り揃えております。普段服用されている薬があり、薬をときどき切らしてしまうという方にとって、零売薬局は大変助かる存在でしょう。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する