胸焼けとはどんな感じ?胸焼けの症状や原因について

「この症状はもしかすると胸焼けなのかな…?」
「胸焼けってどんな感じなのだろう…」
巷でよく耳にする「胸焼け」。胸焼けとはどんな感じの症状なのでしょうか?今回は、「胸焼けの症状や原因」と、「疾患が原因で胸焼けが起きるケース」をテーマにお届けしていきます。

胸焼けとはどんな感じ?胸焼けの症状について

胸焼けの症状は、「食べたものが胸につかえているような感じ」「胸のあたりがチリチリとした焼けるような痛み」「食道のあたりが締め付けられるよう」などと表現されます。「酸っぱいものがこみ上げてくる」「背中が張る」などの症状がみられることもあります。

胸焼けの原因とは?

食道と胃は、そのつなぎ目にある食道括約筋によって、胃に入ったものが食道に逆流しない仕組みになっています。この食道括約筋の不調によって、胃液を含んだ内容物が食道に逆流することで胸焼け症状が起こります。胸焼けは、日常生活が原因で起こるケースと、疾患があることで胸焼けを感じるケースとがあります。

まずは、日常生活で胸焼けが起きる原因について見ていきましょう。

食べ過ぎ

食べすぎ、飲みすぎや消化の悪い食べ物は胸焼けの原因になります。暴飲暴食によって胃酸が大量に分泌され、それが食道に逆流して胸焼けが起こります。脂肪分の多いものや甘いもの、お酒の飲み過ぎには注意しましょう。適量と消化の良い食事をとるよう心がけ、ときに胃腸を休ませることも大切です。

刺激物の過剰摂取

辛いものや、酸味の強い刺激物は胸焼けの原因です。香辛料や炭酸飲料などは胃酸の分泌を促し、胸焼けを誘発することがあります。適量であれば問題ありません。

タバコ

タバコは食道括約筋を緩めるリスクがあります。胸焼けの原因のひとつは、食道と胃のつなぎ目にある食道括約筋が緩むことです。喫煙などが原因で食道括約筋が正常に機能しなくなると、強酸性の胃液が食道に逆流し食道粘膜に炎症が起きて胸焼けがおきます。

ストレス

ストレスも胸焼けの原因です。ストレスを受けて、胃や十二指腸を司る自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌されます。胸焼けだけでなく、潰瘍などの原因にもなりますので、ストレスをため込まないよう、体調管理に努めましょう。

胃の圧迫

前かがみの姿勢が続いたりして胃を圧迫すると、胸焼けがおきることがあります。胃酸の分泌が盛んな食後すぐは、胃を圧迫する姿勢は避けましょう。また、肥満傾向の方や妊娠中の方も物理的に胃を圧迫するので、胸焼け症状を感じることがあります。

加齢

加齢によって筋力が低下し、食道の筋肉が衰えることで胸焼けが起こります。食事量の調節や、消化の悪いものを避けましょう。適度な運動で筋力と適正体重をキープすることも大切です。

胸焼けを伴う疾患について

疾患が原因で胸焼け症状が起きていることがあり、その場合は適切な治療が必要です。続いて、胸焼けを伴う疾患について見ていきましょう。

逆流性食道炎・胃食道逆流症

胃酸の逆流が原因で起きる症状です。胸焼け以外に、げっぷや喉の不快症状、酸っぱい・苦いものがこみあげるなどの症状がみられます。逆流性食道炎は、近年、日本人に増加傾向で、これらの不快症状が続くことで寝られないなど、普段生活にも支障をきたすことがあります。脂っぽい食事や肥満、ストレスなどが原因とされ、症状を放置していると食道がんのリスクになりますので、早期治療が大切です。

胃潰瘍

胃潰瘍は、胸焼けに加えて、みぞおち周辺に強い痛みを感じます。食べ物の刺激で痛みますので、食事中や食後に痛みが強いという特徴があります。胃潰瘍は、刺激の強い飲食物の過剰摂取、ピロリ菌感染、ストレス、薬の副作用、アレルギーなどさまざまな原因で胃粘膜に傷がつき、さらに胃酸によって潰瘍ができる症状です。胃もたれを伴うこともあります。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は胃潰瘍と同様、刺激の強い飲食物やピロリ菌感染、ストレス、薬の副作用、アレルギーなどが原因で十二指腸の粘膜が傷付いた状態です。空腹時にみぞおちの痛みを感じるといった症状が見られます。進行すると十二指腸の穴があくことがありますので、症状があれば早期に医療機関を受診しましょう。

慢性胃炎

持続的な胃への刺激によって炎症が慢性的に起きている症状です。ピロリ菌感染や、暴飲暴食、ストレスが原因とされます。胃の痛みやむかつき、不快感、胃もたれなどが症状ですが、中には症状がないまま発症していることがあります。慢性胃炎を長期でそのままにしていると、胃がんにつながるリスクがあるので注意しましょう。

胸焼けで病院に行く目安は?何科を受診すればいい?

何かしらの疾患のサインとして胸焼けが起きていることがありますので、一過性の症状だと自己判断して、胸焼けを放置するのは危険です。胸焼け症状が慢性化しているときや、市販の薬を飲んでも症状がよくならないとき、胸焼け以外の症状がある場合は医療機関を受診しましょう。

また、胸焼けによって、眠れない、食事が楽しめない、仕事に支障をきたしているなども一度、病院で診てもらうと安心です。胸焼けは消化器内科で対応しています。お近くにないのであれば、まずは内科を受診しましょう。

まとめ:胸焼けとはどんな感じ?胸焼けの症状や原因について

いかがでしたか?胸焼けとはどんな感じであるのか?そして症状や原因についてお分かりいただけたことでしょう。今回の内容としては、
・「食べたものが胸につかえているような感じ」「食道のあたりが締め付けられるよう」というのが胸焼けである
・胸焼けは暴飲暴食や喫煙、胸の圧迫、ストレスなど日常生活が原因で起きる、胸、腹部の不快症状である
・病気が原因で胸焼けが起きている場合は、放置すると進行の可能性がある
以上の点が重要なポイントでした。肥満が原因になることもありますので、規則正しい生活で体調を整えて予防しましょう。症状によっては、速やかに医療機関を受診して治療してください。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する