RSウイルスなどの感染予防について~流行時期に注意~

「RSウイルスなどの感染症を予防したい…」
「風邪予防にはどのような対策をしたらいいのだろうか…」
時として重篤化するRSウイルス感染症では、日ごろからの感染予防が大切になってきます。感染対策として私たちにできることは何でしょうか?

本記事では、RSウイルスを始めとしたウイルスの感染予防をテーマにお届けしていきます。

RSウイルスとは?RSウイルスの症状について

そもそもRSウイルスとはどのようなウイルスで、感染するとどのような症状が現れるのでしょうか?RSウイルスは水ぼうそうなどとは異なり、一度感染したとしても再度感染する恐れのあるウイルスです。そして、RSウイルスは気道に感染し、鼻水や咳、発熱といった風邪症状を引き起こします。

乳児や心臓・肺などに持病を抱える人は特に重症化リスクがあり、高熱を伴う肺炎を発症することもあるため注意が必要です。そのほか、子どもでは合併症として中耳炎を引き起こすことがしばしばあります。

RSウイルスの感染経路とは?

RSウイルスを予防するためには、どのように感染するのか?という感染経路を知ることがとても大切です。RSウイルスの感染経路は接触感染と飛沫感染の2つが考えられます。

接触感染は、感染者の体内分泌物に接触することでウイルスが手に付着し、目や鼻などを通じてそのウイルスが体内に入る感染のことをいいます。飛沫感染は、感染者の咳やくしゃみの飛沫が体内に入って感染することを指します。

より具体的な感染経路についてみていきましょう。接触感染の場合は、感染者が咳やくしゃみをした手でドアノブ等を触り、他の誰かがそれに触れることによって感染するケースが多いです。また飛沫感染では、感染者がマスクをせずに咳やくしゃみをして発せられる飛沫が体内に入ってしまって感染するのが一般的です。

RSウイルスの予防方法は?

RSウイルスは接触感染、飛沫感染と2つの感染経路があるということが分かりましたが、どのようにして予防していったらよいのでしょうか?続いて、感染症予防について見ていきましょう。RSウイルスだけでなく、そのほかの感染症予防に役立ちますので、ぜひ実践していただければと思います。

ドアノブの消毒

感染症予防にドアノブの消毒があります。ドアノブは多くの人に触れられやすく汚れやすいため、アルコール等を用いてこまめに掃除・消毒することが大切です。なおこの際に体内にウイルスを取り込まないためにも、マスクと手袋を着用しましょう。

手洗い・うがい

手洗い・うがいももちろん感染予防には必須です。こまめにこれらを行うのが大切ですが、億劫に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?帰宅したときはウイルスが付着しているので、必ず手洗い・うがいをするようにしましょう。

免疫力を高める

免疫力とは、細菌やウイルスに対抗する力であり、免疫力が低下していると感染症にかかりやすくなります。免疫力が低下する原因としては、生活リズムの乱れ、睡眠不足、栄養バランスの偏りが挙げられますので、免疫力を高めるために生活習慣を見直して、良質な睡眠とバランスの摂れた食事を意識しましょう。

人混みを避ける

人が集まるところに行けば、ウイルスに感染している人との接触も考えられますので、なるべく人混みを避けるというのも、感染症予防には大切です。

通販などを利用する

外出が増えれば感染の機会も増えますので、通販で済むものであれば、通販利用を検討しても良いでしょう。また、外食に関しても持ち帰りや宅配を活用すると、感染リスクを抑えることができます。

感染者との行動が重ならないようにする

家族が感染症になった場合では、看病する人を一人に決めて部屋を分けたり、共有のタオルを使わないなどして、なるべく行動が重ならないようにしましょう。

RSウイルスにかかったら?

RSウイルスには特効薬がないため、感染してしまったら自分の免疫で治すしかありませんが、対症療法を適切におこなうことで、辛さを緩和させることができるでしょう。十分な睡眠とこまめな水分補給は忘れないようにしましょう。

RSウイルスの流行時期には注意が必要!

RSウイルスは、一般的に秋から冬にかけて流行します。この時期はインフルエンザなどの流行時期と重なりますから、RSウイルスのみならずインフルエンザにかからないようにするためにも秋冬の手洗い・うがいは他のシーズンよりも念入りに行いましょう。

まとめ:RSウイルスなどの感染予防について~流行時期に注意~

いかがでしたか?RSウイルスの感染予防に関して、
・ドアノブ等の多数の人が触れるところの消毒が大切
・手洗いうがいを徹底する
・人混みを避ける
・通販などを利用する
・免疫力を高める
というのが重要なポイントでした。RSウイルスは秋から冬にかけて流行していくため、特にこの時期は感染症予防を実践していただければと思います。

病院に行く時間がない場合は零売薬局という選択肢も

零売薬局では、処方箋がなくても医療機関で処方されている医薬品(処方箋医薬品以外の医療用医薬品)が最低限度の量で購入できます。薬の分割販売のことを零売と呼び、零売をしている薬局が零売薬局というわけです。なかなか病院に行く時間がなくて、薬を切らしてしまうことがある…という方は、零売薬局を知っておくことでいざというときに役立つでしょう。

掲載しているお薬は一部です。必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する