RSウイルスの潜伏期間や感染経路について

「RSウイルスの潜伏期間はどれぐらいなのだろう…」
「RSウイルスの感染経路について知りたい…」
RSウイルスは子供だけでなく大人も感染するウイルスで、毎年秋から春に流行します。非常に感染力が高いことから、保育施設や介護施設などで集団感染が起こりやすいです。今回の記事では、「RSウイルスの感染経路と潜伏期間」をテーマにお届けしていきます。正しい知識を身につけて、感染自体を防げるようにしてください。

RSウイルス感染症とは?

RSウイルスは代表的な風邪のウイルスの一つで、2歳までにほとんど全ての子供が感染を経験します。一生を通して複数回感染しますが、大人が感染しても軽度の風邪で済むことから、感染に気がつかない方もいるでしょう。しかし初めてのRSウイルス感染となる乳幼児は症状が重くなりやすく、乳幼児の肺炎の半数がRSウイルスによるものだと言われています。

RSウイルスの感染経路とは?

RSウイルスの感染経路には、飛沫感染と接触感染があります。続いて、それぞれの感染経路について見ていきましょう。

飛沫感染

飛沫感染では、RSウイルス感染者のくしゃみ・咳でウイルスが空気中に飛び散って浮遊し、そのウイルスを他の人が口や鼻から体に取り入れてしまうことで感染します。そのため、感染者がマスクをすれば、飛沫感染の確率を大幅に減らせるでしょう。RSウイルスの流行期にはマスクをして感染を予防するのもお勧めです。

接触感染

接触感染では、RSウイルス感染者の手や指についたウイルスが、物を介してその他の人の手や指に付着します。気づかぬうちにウイルスが付着した手で口や鼻を触ってしまうと、感染につながるでしょう。食事の前だけでなく不特定多数の人が触った物に触れた後は手洗いと消毒をするなどの方法で、感染を予防できます。

RSウイルスの潜伏期間は?

RSウイルスの潜伏期間は一般的に4日〜6日で、潜伏期間後に発熱・鼻水などの風邪症状が現れます。多くの場合は数日で快方に向かいますが、下気道炎を併発すると、非常に高い熱が出て呼吸も苦しくなるでしょう。いつもと違った風邪の症状を感じた時には、医療機関を受診するべきです。

RSウイルスにかかったらいつから登園・登校・出社が可能?

特に大人がRSウイルスは症状が軽いことが多いことから、回復後何日で会社に行けるのか知りたいと思う方もいます。RSウイルス治癒後の登園・登校・出社に明確な基準は設けられていないため、風邪症状が落ち着いて体調が回復したら、いつも通りの生活に戻って良いでしょう。ただし、手洗いなどの感染予防対策は引き続き行うべきです。

RSウイルスで重症化しやすいのはどんな人?

先ほど、乳幼児のRSウイルス感染は肺炎を引き起こしやすいことをお伝えしましたが、特に低出生体重児・心臓や肺に基礎疾患のある子供や、生後数ヶ月の乳幼児がRSウイルスに感染してしまうと、重要化リスクが高まります。唇や顔色が悪くなって、ミルクの飲みが極端に悪くなるチアノーゼがあれば、すぐに病院に連れていきましょう。

RSウイルスに対するワクチン接種はある?

現在、RSウイルスには特効薬・ワクチンが存在しません。しかし、遺伝子組み換え技術を用いて作られたモノクローナル抗体製剤であるパリビズマブを投与し、重篤な下気道炎症状の発症を抑制する効果が期待できます。

参照:厚生労働省「RSウイルス感染症Q&A(平成26年12月26日)」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/rs_qa.html

RSウイルスと消毒剤

RSウイルスは消毒液に対する抵抗性が弱く、さまざまな消毒剤によってウイルスを除菌することが可能です。有効な消毒液には消毒用エタノール・次亜塩素酸ナトリウム・ポビドンヨードなどがあります。これらの消毒液を用いて、不特定多数の人間が触れる場所をこまめに消毒すれば、接触感染を防ぐ効果が期待できるでしょう。

RSウイルスの診断について

RSウイルスの検査方法はインフルエンザの検査に似ており、鼻に綿棒を入れてRSウイルスを検出します。結果が出るまでには30分程度の時間が必要です。しかし、症状が軽度の方は病院に行かずに治癒できるため、検査自体が行われない場合が多いでしょう。

RSウイルスが悪化するとどうなる?

RSウイルスが悪化すると、「ヒューヒュー」「ゼーゼー」のような呼吸音が聞こえ、呼吸の度に胸が凹む陥没呼吸になる恐れがあります。呼吸困難になると、唇や鼻が青黒くなるチアノーゼが確認できるでしょう。生後4週未満の乳幼児の感染では、突然無呼吸発作を起こして、乳幼児突然死症候群につながる可能性も考えられています。

RSウイルス以外の風邪原因ウイルスについて

風邪の原因となるウイルスには、RSウイルスの他に、ライノウイルス・コロナウイルス・アデノウイルス・エンテロウイルスなどがあり、その種類は200種類にも及びます。

それぞれのウイルスには、いくつもの型があるだけでなく年々変異するため、風邪の原因になったウイルスを特定することは非常に困難です。また、10%程度の確率で、マイコプラズマ・クラミジアなどの細菌が風邪を引き起こします。

まとめ:RSウイルスの潜伏期間や感染経路について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・RSウイルスの潜伏期間は4日〜6日間で、鼻水・熱などの症状が出てくる
・RSウイルスの感染経路には、飛沫感染と接触感染がある
・RSウイルス治癒後の登園・登校・出社に明確な基準は設けられていない
以上の点が重要なポイントでした。マスクの利用・手洗いうがい・不特定多数の人が触れる場所の消毒などを行い、自分自身の感染はもちろん、集団感染や流行を防げるようにしましょう。

処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局の現状と今後について

零売薬局では、処方箋なしで病院の薬が買える時代に即したサービスです。まだまだ一般に認知がされておらず、店舗数も少ない現状ですが、忙しい人の時短や医療費の削減など多くのメリットがあるため、零売薬局の認知度向上とともに、店舗数も徐々に増えていくことでしょう。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する