コラム

花粉症がつらい!おすすめの目薬を一覧でご紹介

花粉症で目がゴロゴロしたり、かゆみが出たりとつらい症状がある時は『目薬』を使ったケアをした方がいいです。

そこで今回は、花粉症による目の症状を緩和するのにおすすめの目薬をご紹介するので、花粉による目の症状にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

 

今回の記事では以下を知ることができます!

 

・花粉症時におすすめの市販で購入できる目薬
・花粉症時におすすめの医師の処方が必要な目薬

 

 

処方箋なしで買える花粉症のときにおすすめの目薬一覧

処方箋なしで買える花粉症のときにおすすめの目薬をご紹介します。

医師の診察が不要のため、病院に行く時間が取れない方や今すぐに目薬が欲しい方はこちらの目薬を参考にしてくださいね。

セルフケア薬局では、LINE登録していただくと、LINEから薬剤師にお薬の相談をできる他、店頭でお薬を20%オフの価格で購入できますのでよろしければご活用くださいね!

 

http://selfcare-sdc.com/blog/%e7%97%87%e7%8a%b6/%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87/2020/01/09/post-2279/

 

レボカバスチン塩酸塩点眼液

レポカバスチン塩酸塩点眼液はレポカパスチン塩酸塩を主成分とする目薬で、ヒスタミンと受容体との結合を防ぐことで花粉症による目のアレルギー症状を抑えます。

 

花粉症やハウスダストによる目のアレルギー症状の緩和や、アレルギー性結膜炎の治療に使われる目薬ですが、ソフトコンタクトレンズを使用中の方は点眼できないので注意が必要です。

 

効果はそこまで強くないため、112滴を14回点眼できます。

ただし、間違って多く点眼してしまい、目に異常を感じたときはすぐに医師か薬剤師へ相談してください。

 

レボカバスチン塩酸塩点眼液は副作用が少ない目薬ですが、

・結膜炎のような症状

・めやにが出る

・まぶたがただれる

・刺すような痛みを感じる

・頭痛が起こる

・体むくむ

・目が充血する

などの症状が報告されています。

 

万が一上記のような症状が現れたときは、すぐに使用を注意して医師に相談しましょう。

 

抗アレルギー成分が入った市販薬

市販の目薬にはいろいろな種類がありますが、花粉症による目の諸症状を改善するのは、抗アレルギー効果がある成分が入っていないと目の症状にアプローチできません。

 

たとえば、

・クロモグリク酸ナトリウム

・ケトチフェンフマル酸塩

などが配合されていると、抗アレルギー効果が得られるので参考にしてください。

 

また、市販薬を購入するときは配合成分の濃度にも注目しましょう。

 

2種類以上の目薬を比較するときは、濃度が多い方が効果を実感しやすいので選ぶときの基準にしてください。

抗ヒスタミン成分が入った市販薬

アレルギー症状のもととなるヒスタミンの働きなどを抑える『抗ヒスタミン成分』が入った目薬も花粉症には効果的です。

 

抗ヒスタミン成分の代表的なものはクロフェニラミンマレイン塩酸なので、この成分が配合されている目薬を選びましょう。

 

抗炎症成分が入った市販薬

花粉によるアレルギー症状が出ると、目が炎症を起こして目のかゆみや充血が起こります。

 

そのため、アレルギー症状を抑えるとともに、炎症を起こした部分を緩和させることも、花粉症による目の諸症状を緩和させるために重要なポイントです。

 

抗炎症成分には、

・プラノプロフェン

・グリチルリチン酸二カリウム

などがあるので、これらが配合された目薬を選ぶと効果が期待できるでしょう。

 

http://selfcare-sdc.com/blog/%E7%97%87%E7%8A%B6/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87/2019/12/24/post-1927/

 

 

http://selfcare-sdc.com/blog/%e5%8f%96%e3%82%8a%e6%89%b1%e3%81%84%e8%96%ac%e5%93%81/2019/09/02/post-1005/

 

 

http://selfcare-sdc.com/%e6%8a%97%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e8%96%ac/2019/09/23/post-1214/

 

 

処方箋が必要な花粉症のときにおすすめの目薬一覧

目薬には処方箋が必要なものとそうでない市販のものの2種類がありますが、まずは処方箋がないと購入できない目薬から2つご紹介します。

 

この3つの目薬は内科や眼科を受診しないと購入できないので、使いたい目薬がある方は一度医療機関を受診して相談してみてください。

 

ゼペリン点眼液

ゼペリン点眼薬は花粉によって起こる目のかゆみやかすみ、充血などの症状を抑える薬です。

 

アレルギー物質が目に入ると、アレルギー反応によって目に炎症が起こり、かゆみや充血などの症状が起きます。

 

ゼペリン点眼液はアレルギー反応を起きにくくする成分が配合されているため、花粉症によって起こる目の諸症状に効果を発揮するというわけです。

 

また、ゼペリン点眼薬は花粉症だけでなく、ハウスダストによるアレルギー症状やアレルギー性結膜炎による目のかゆみなどを改善するときにも処方されます。

 

効果の強さとしてはそこまで強くないため、112滴を両目または片目に14回点眼しますが、自分の判断で目薬の使用期間を伸ばしたり縮めたりしないようにしてください。

 

ゼペリン点眼液は比較的副作用が少ない目薬ですが、

・刺すような痛み

・結膜が充血する

などが報告されてるので、点眼後に異常を感じたらすぐに使用を中止し、すみやかに医療機関を受診しましょう。

 

ケタス点眼液

ケタス点眼液はアレルギー症状を起こすヒスタミンの放出を抑え、花粉症やアレルギー性結膜炎による目のかゆみや充血などの症状を緩和させます。

 

こちらも効果の強さは比較的弱い部類に入る目薬で、長期にわたって使用しても目に悪影響を与えることはほとんどありません。

 

ただし他の目薬同様に、112滴を両目または片目に14回点眼することを守り、自己判断で使用期間を調整することは控えましょう。

 

副作用としては、

・目のかゆみ

・結膜が充血する

・目が痛む

・目がしみる

・目がゴロゴロする

・目のまわりが腫れる

・目のまわりが炎症を起こす

などが報告されています。

 

強い目薬ではないため副作用が起きることは稀ですが、もし異常を感じたら使用を中止し、医師に相談してください。

 

 

花粉による目のかゆみなどの緩和には『目薬』がおすすめ

花粉が原因で起こる目の症状には、

・かゆくなる

・ゴロゴロする

・しょぼしょぼする

・かすむ

・涙が出る

などがあります。

 

花粉の粒子は細かいため、メガネで保護をしても隙間から花粉が目に入り込んでしまうのです。

 

また、コンタクトをしている方は、花粉による目の症状のおかげで目を触ってしまい、コンタクトに傷がつき、目を痛めてしまう危険性があるので注意が必要。

 

そこで花粉症によるつらい目の症状には、目薬でのケアがおすすめです。

 

使うタイミングは目薬によって異なりますが、多くても123回で、両目にサッとさすだけなので手軽にケアできます。

 

ただし花粉症用の目薬だけでもいろいろな種類がありますから、その中でも自分に合った目薬を選ぶことが、花粉症による目の症状を素早く緩和させるコツと覚えておきましょう。

 

 

花粉症による目の症状には目薬を使ったケアを

花粉によって目のかゆみや充血が起こると、物事に集中できなかったり、不快感を伴ったりもするので、日常生活に支障が出てしまいますよね。

 

目薬によるケアなら簡単にできますので「花粉症かな?」と感じたときは、目薬でケアをしてつらい目の症状から解放されましょう。

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。