アンテベート軟膏0.05%は市販されているのか?有効成分を含む市販薬は存在する?

「アンテベート軟膏0.05%は市販されているのだろうか…?」
「有効成分を含む市販薬は存在するのかな?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?過去にアンテベート軟膏0.05%を使用していて症状が改善した。そして、再度症状があらわれたため、市販薬があれば購入したい。このように思われる方もいるでしょう。

そこで今回は、アンテベート軟膏0.05%は市販されているのか?そして、有効成分を含む市販薬は存在するのか?という点をテーマにお届けしていきます。

アンテベート軟膏0.05%とは?

アンテベート軟膏0.05%を知らない方もいるかと思いますので、薬の概要からお伝えしていきます。鳥居薬品株式会社が製造販売するアンテベート軟膏0.05%は、ステロイドを主成分とする薬でかぶれ、湿疹、かゆみなどに効果があります。ステロイドと聞くと使うのに抵抗がある方もいるかもしれませんが、使い方を守っていれば効果のある薬です。

鳥居薬品株式会社が製造販売するアンテベートには、軟膏以外にアンテベートクリーム0.05%のクリームタイプ、アンテベートローション0.05%のローションタイプがあります。

アンテベート軟膏0.05%の効能・効果

アンテベート軟膏0.05%の効能・効果は、湿疹・皮膚炎群(手湿疹・脂漏性皮膚炎を含む)・虫さされ・薬疹・中毒疹・紅皮症・紅斑症・慢性円板状エリテマトーデス・肉芽種症・円形脱毛症・ケロイド・悪性リンパ腫など幅広い症状に効果を発揮する軟膏です。

アンテベート軟膏0.05%の副作用

アンテベート軟膏0.05%は、皮膚の感染症や発疹・刺激感・湿疹・皮膚炎などが起こる可能性があり、異常がみられればただちに医師に相談し適切な処置を求めましょう。

アンテベート軟膏0.05%の用法・用量

通常、1日1回から数回を適量患部に塗ります。塗る量などは症状によって異なりますので、医師の指示に従いましょう。眼科用として角膜や結膜には使用してはならず、また化粧下やひげそり後などに使用してはいけません。

アンテベート軟膏0.05%は、妊婦・小児・高齢者で大量または長期にわたる使用は、リスクがあるため注意が必要です。

ステロイド外用薬には強さがある

アンテベート軟膏0.05%などのステロイドの塗り薬は、その作用によりweak~strongestの5段階に分かれていて、アンテベート軟膏は2番目に強いvery strongであり、比較的効果の高いステロイドに分類されます。

このため顔や陰部など皮膚の薄い場所へは使用せず、手のひら・足裏などの皮膚の比較的厚い部位や、手足や体にも虫刺されや湿疹などで炎症がひどい場合に使用します。

アンテベート軟膏0.05%は市販されているのか?

アンテベート軟膏0.05%は市販されているのか?という点ですが、結論からして医療用医薬品であるため市販されていません。薬は大きく医療用医薬品とOTC医薬品に分けることができ、前者の医療用医薬品は処方箋が必要である薬で病院への受診が基本的に必要になってきます。一方のOTC医薬品は処方箋が必要ではなく、ドラッグストアなどでも購入することができます。

医療用医薬品は患者の症状に合わせて薬や薬の量を決めるため、薬を使用するにあたっての安心感があります。対するOTC医薬品は、手軽に購入できるというメリットがあるものの、自己判断での使用になります。そのため、不安なことなどあれば、購入前に薬剤師や販売登録者に相談すると良いでしょう。

アンテベート軟膏0.05%の有効成分を含む市販薬は存在するのか?

アンテベート軟膏0.05%自体は、医療用医薬品であるため市販されていないことがわかりました。では、アンテベート軟膏0.05%の有効成分である、ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルが含有されている市販薬は存在するのでしょうか?

ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルが含まれている市販薬は、販売されていません。ただし、皮膚炎やかゆみなどに効果を発揮する市販薬はありますので、そちらを紹介します。成分は別のものですので、アンテベート軟膏0.05%と全く同じ効果が得られるわけではない点に注意しましょう。そして、不安な点があれば、ドラッグストアなどであっても購入する前に薬剤師に相談しましょう。

ベトネベートクリームS (製造販売元:グラクソ・スミスクライン株式会社-指定第二類医薬品)

ベトネベートクリームSは、ステロイド成分のベタメタゾン吉草酸エステルが有効成分として含まれている鎮痒消炎薬です。効能・効果は、湿疹・皮膚炎・あせも・かぶれ・かゆみ・しもやけ・虫さされ・じんましんであり、これら以外の症状にはベトネベートクリームSは使用してはいけません。また、水虫やたむしなど、または化膿している患部、目の周囲や粘膜といった部分には使用してはいけません。

ベトネベートN軟膏AS(製造販売元:グラクソ・スミスクライン株式会社-指定第二類医薬品)

ベトネベートN軟膏ASは、炎症を鎮めるベタメタゾン吉草酸エステルに加えて、細菌の増殖を抑えるフラジオマイシン硫酸塩が含まれた鎮痒消炎薬です。効能・効果は、ベトネベートクリームSと同様に、湿疹・皮膚炎・あせも・かぶれ・かゆみ・しもやけ・虫さされ・じんましんが挙げられ、そのほか化膿性皮膚疾患である、とびひやめんちょう、毛のう炎にも使用ができます。

ベトネベートクリームSやベトネベートN軟膏ASは、5~6日間使用しても症状が良くならない場合は医師、薬剤師または販売登録者に相談しましょう。

まとめ:アンテベート軟膏0.05%は市販されているのか?有効成分を含む市販薬は存在する?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・アンテベート軟膏0.05%は炎症を抑えるステロイドの塗り薬である
・アンテベート軟膏0.05%は分類としてvery strongのステロイドである
・アンテベート軟膏0.05%は医療用医薬品であるため市販されていない
・有効成分のベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルが含まれている市販薬も存在しない
以上の点が重要なポイントでした。アンテベート軟膏0.05%は市販されていないですし、効能・効果は幅広いため、基本的に医師の診察のうえ使用する薬です。一般的な症状として、あせもや湿疹、かゆみなどであれば、今回紹介した市販薬の使用を検討しても良いでしょう。ただし、不安な点があれば使用前に薬剤師などに相談することが大切です。

掲載しているお薬は一部です。必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する