デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」(旧:デキサルチン口腔用軟膏1mgg)は市販されているのか?

「口内炎が痛くて辛い…!」
「デキサメタゾン口腔用軟膏は市販されていないのだろうか…?」
辛い口内炎…せっかくの美味しいご飯が痛くて美味しく食べられませんよね。過去にデキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」(旧:デキサルチン口腔用軟膏1mg/g)を使用して症状が改善されたが、再度同じ症状が起こってしまった…という方はいらっしゃいませんか?そんな方が気になるのは、デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」は市販されているのか?という点かと思います。

そこで今回は、下記をテーマにお届けしていきます。
・デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」について
・デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」は市販されているのか?
・デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」の有効成分が含有されている市販薬は存在するのか?
・口内炎に効果を発揮する市販薬
ぜひ最後までご覧ください。

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」(旧:デキサルチン口腔用軟膏1mg/g)について

日本化薬株式会社より製造販売されているデキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」は、もともと、デキサルチン口腔用軟膏1mg/gという名称で販売されていた、口腔粘膜疾患治療剤です。

有効成分は、デキサメタゾンであり、この成分はステロイド剤に分類されます。ステロイドは抗炎症作用があるため、口内炎の炎症を抑えて治療するといった流れです。
続いて、デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」のの効能・効果、用法用量、副作用などについて解説していきます。

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」の効能・効果

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」の効能・効果は、びらん又は潰瘍を伴う難治性口内炎又は舌炎が挙げられます。

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」の用法・用量

通常、適量を1日1〜数回患部に塗布します。
症状によって適宜増減しますので、医師の指示に従いましょう。

デキサメタゾン口腔用軟膏01%「NK」の副作用

主な副作用として、口腔の感染症、過敏症状などが報告されています。このような症状・異変に気づいたら、担当の医師に相談し適切な処置を求めましょう。

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」の注意点

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」の注意点としては、
・妊婦又は妊娠している可能性のある女性は長期連用をしないこと
・使用後はしばらく飲食を避けること
・副作用の症状があらわれた場合は医師に相談すること
・使用後はチューブの口や周辺に付着した軟膏を拭きとること
以上が挙げられます。

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」(旧:デキサルチン口腔用軟膏1mg/g)は市販されているのか?

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」(旧:デキサルチン口腔用軟膏1mg/g)は市販されているのか?という点に関しては、結論からして市販されていません。

薬は医療用医薬品とOTC医薬品に分けることができ、前者の医療用医薬品は処方箋が必要であるため、病院に行って処方箋を発行してもらう必要があります。一方のOTC医薬品は、処方箋がなくてもドラッグストアなどで購入することができる薬です。

医師や薬剤師による管理が必要なデキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」は、医療用医薬品に分類され、そもそも市販することができないのです。

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」のデキサメタゾンが含有した市販薬は存在する?

デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」は市販されていないということが分かりましたが、そこで気になるのが、有効成分であるデキサメタゾンが含有した市販薬は存在するのか?という点かと思います。

結論としては、2022年1月段階では、デキサメタゾンが含有した市販薬は存在していません。ただし、口内炎に効果を発揮する市販薬は存在しますので、そちらを紹介していきます。※デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」とは有効成分は異なりますので、全く同じ効果が得られるわけではない点にご注意ください。気になる方はOTC医薬品であっても、薬剤師や販売登録者に相談しましょう。
<口内炎に効果を発揮する市販薬>
・口内炎軟膏大正クイックケア(製造販売元:大正製薬株式会社-指定第二類医薬品)
・口内炎軟膏大正A(製造販売元:大正製薬株式会社-第三類医薬品)
・トラフル軟膏(製造販売元:ジャパンメディック株式会社-第三類医薬品)
・オルテクサー口腔用軟膏(製造販売元:福地製薬株式会社-指定第二類医薬品)
それぞれについて見ていきましょう。

口内炎軟膏大正クイックケア(製造販売元:大正製薬株式会社-指定第二類医薬品)

口内炎軟膏大正クイックケアは、有効成分としてトリアムシノロンアセトニドが含有された口内炎用薬であり、アフタ性の口内炎に効果を発揮します。口腔用ですので、口腔以外には使用せず、1日1~数回適量を患部に塗布しましょう。※感染症の口内炎が疑われる人、口腔内に感染を伴っている人は使用できません。

口内炎軟膏大正A(製造販売元:大正製薬株式会社-第三類医薬品)

口内炎軟膏大正Aは、殺菌作用があり患部の汚染を防ぐセチルピリジニウム塩化物水和物、傷の治りを促すアラントインが有効成分に含まれた口内炎薬です。

効能・効果は、口内炎・舌炎・口唇のひびわれ・口唇のただれ・口唇炎・口角炎が挙げられます。

トラフル軟膏(製造販売元:ジャパンメディック株式会社-第三類医薬品)

トラフル軟膏は、抗炎症作用により炎症を抑えるアズレンスルホン酸ナトリウム水和物やグリチルレチン酸、口内の粘膜修復を助けるアラントイン、患部を清潔に環境にするセチルピリジニウム塩化物水和物が含まれた口内炎用薬です。そして、ノンステロイドタイプであり、小児にも使用できます。

効能・効果は、口内炎・舌炎となっています。

オルテクサー口腔用軟膏(製造販売元:福地製薬株式会社-指定第二類医薬品)

オルテクサー口腔用軟膏は、患部の炎症を鎮めて口内炎を改善する、トリアムシノロンアセトニドが有効成分の軟膏です。アフタ性の口内炎に効果を発揮します。

まとめ:デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」(旧:デキサルチン口腔用軟膏1mg/g)は市販されているのか?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」は口内炎の炎症を抑える医療用医薬品である
・デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」は医療用医薬品であるため市販されていない
・デキサメタゾンが含有した市販薬は存在しない
・口内炎に効果を発揮する市販薬にはトラフル軟膏や口内炎軟膏大正Aなどがある
以上の点が重要なポイントでした。デキサメタゾン口腔用軟膏0.1%「NK」の有効成分を含有する市販薬は存在しないため、もしこの薬が必要である場合は、基本的に受診が必要になります。ただし、口内炎の市販薬は存在しますので、自身で判断できる軽度な口内炎であれば、市販薬でも対応ができます。もし、不安な点などがあれば、市販薬であっても薬剤師や販売登録者に相談するようにしましょう。

掲載しているお薬は一部です。必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する