コラム

ヒルドイドは市販で買えるの?病院と同じものを購入したいとき

ヒルドイドはアトピーの症状が見られる時や肌の乾燥がひどい時に病院で処方されるお薬です。

忙しくどうしても病院にいくことができないという時に「市販でヒルドイドを購入したい」と考える方もいるのではないでしょうか。

 

今回はヒルドイドを市販で購入できる薬局であるセルフケア薬局のご紹介とヒルドイドの詳しい効能や効果をご紹介します。

セルフケア薬局のHPはこちら!

 

今日のブログでは以下のことを知ることができます。

・ヒルドイドを市販で購入する方法
・零売薬局はどんなところか?ヒルドイドを20%OFFで購入できる!
・ヒルドイドについての基礎知識

 

ヒルドイドを市販で購入する方法

ヒルドイドは、零売薬局もしくはドラックストアに行けば購入ができます。
成分の違いがありますので、以下で詳しく解説して行きます。

病院と同じ成分のヒルドイドは零売薬局で購入できる

市販で買う一つの方法は『零売薬局』でヒルドイドを購入することです。

零売薬局なら病院と全く同じ成分のヒルドイドの購入が可能です。

実は病院で処方される薬の中には、処方箋がなくても購入できる薬(非処方箋医療用医薬品)があります。

処方箋が不要の薬(非処方箋医療用医薬品)を販売しているのが零売薬局。もちろん全ての薬が手に入るわけではないのですが、ヒルドイドは零売薬局で購入できる薬です。

ドラックストアには病院とほぼ同じ成分のものが市販されている

市販で買うもう一つの方法は、ヒルドイドに含まれる成分とほぼ同じものが含まれた市販薬を買うというものがあります。

ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質です。
ヘパリン類似物質が0.3%含まれている市販薬があるので、それを購入すればヒルドイドの代わりとして使用できます。

ただしこの場合はヒルドイドとほぼ同じ成分というだけで、全く同じ効果が得られるわけではないことを忘れないようにしましょう。

また、ヒルドイド以外にも肌を保湿することができる医薬用保湿剤は複数ありますので、自分に合いそうなお薬を医薬用保湿剤の一覧から探してみましょう。

 

零売薬局は安くヒルドイドが買えるの?

零売薬局は処方箋なしでヒルドイドが購入できるため、自費での購入になりますが、診察代などがかからないため全体的に安くなる場合があります。

セルフケア薬局では、LINEの友達登録をして来店すると店頭価格の20%OFFでお薬の購入ができます。

LINEではお薬について薬剤師に無料で相談できますので登録しておけば、「飲み合わせが心配な時」や「妊娠授乳中に飲める薬が知りたい時」などにもご活用いただけます。

ちなみに『零売』とは処方箋なしという意味の他に、必要な分だけ薬をバラ売りするという意味があるのです。

そのため、一定の数でしか販売できない病院よりも薬代が安く済みます。診察代もいらないので、病院を受診して処方箋をもらうよりかかる費用を節約できるのがメリットです。

ただし全国どこでも零売薬局があるわけではない

ただし残念なのが、零売薬局の数が普通の調剤薬局や病院より少ないことです。家の近くに零売薬局がなければ、病院を受診するしかありませんよね。

 

おまけ:ヒルドイドってどんな薬なの?

ヒルドイドは皮膚科で処方されることが多いのですが、どのような成分が配合されている薬なのでしょうか?まずはヒルドイドについて説明します。

ヒルドイドは皮膚科などで処方箋をもらうことで手に入れられる薬です。ソフト軟膏とローション、ゲル、クリームの4種類あり、症状と塗る部位に合わせて医師が種類を選びます。

ヒルドイドに含まれる主な成分は『ヘパリン類似物質』です。

ヒルドイドはどのような人が利用している?

ヒルドイドは古くからアトピー患者や皮膚の乾燥がひどい人に処方される薬です。

基本的にはアトピー肌の人や乾燥肌の人が使いますが、乾燥による小ジワやくすみを防ぐためにヒルドイドを使用している人もいます。

しかし、病院へ行く時間がなくて薬をもらうのを諦めている人はたくさんいます。そのため、今後は零売薬局の数が増えていくと予想できるでしょう。

 

まとめ

ヒルドイドは病院でしか買えないわけではなく、成分がほぼ同じなら薬局で、病院と同じものなら処方箋が不要の零売薬局で購入できます。
ヒルドイドが欲しいけれど病院に行く時間がないという方は、一度検討してみてくださいね。

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。