コラム

ムコダイン®️はどんな薬?処市販で購入する方法とは

風邪の時などに「ムコダイン®️」(ジェネリック医薬品では「カルボシステイン」)はよく処方されます。

忙しく病院に行きたくても行けないとき「ムコダインだけ市販で購入したい」と考える方もいるのではないでしょうか?

今回は、ムコダインを市販で購入できる薬局のセルフケア薬局とムコダインの詳しい効果と効能をご紹介します。

この記事では以下を知ることができます。

・ムコダインを市販で購入する方法
・ムコダインはどんな症状の改善に期待できる?
・ムコダインの飲み方・副作用

 

ムコダイン®️を市販で購入する方法は?

2つの方法があります。

ドラッグストアなどで、一般用医薬品を購入する。

②処方箋がなくても買える病院と同じ薬(医療用医薬品)の分割販売(零売)をおこなっている薬局で、薬剤師から購入する。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

ドラッグストアなどで、一般用医薬品を購入する。

ムコダイン®️は販売されていませんが、ほぼ同じ薬が第2類医薬品として市販されています
登録販売員か薬剤師のいる小売店(ドラッグストアなど)で購入することが可能ですが、「去痰薬のみが欲しい」という時には適さないかもしれません。

そもそも去痰薬のみで販売されている薬はとても少なく、多くのお店では取り扱い自体がされていない場合が多いようです。

一般用医薬品は自由市場ですので、多くの場合、売れ行きの良い「総合感冒薬」の中の成分の1つとしてカルボシステイン(ムコダイン®️の成分)が配合される形で販売されています。あなたが風邪で、いろいろな症状を止めたい、というのであれば選択肢の1つにはなると思われます。

風邪をひいていてムコダイン以外の感冒薬(かぜ薬)を知りたいという方は、かぜ薬の一覧もチェックしてみてください。

 

病院と同じ成分が市販で欲しい時は零売薬局

セルフケア薬局はこれを専門とする薬局です。分割販売/零売というのは、処方箋がなくても買える病院と同じ薬(医療用医薬品)を薬剤師から直接購入する方法です。

処方箋がなくても買える病院と同じ薬(医療用医薬品)は原則処方箋調剤での対応になるのですが、条件によっては処方せんなしでも販売可能なものがあります。カルボシステインもそれに含まれます。

例えば、「痰がきれなくて苦しい。でも、忙しくて病院に行く時間がない」とか、「カルボシステインが欲しいけど、病院に行く暇がない」という時には、当セルフケア薬局をお役立てください!

LINEの友達登録をしていただくと、常に20%OFFで購入できます。
また、LINEでは薬剤師に薬の飲み合わせなどをいつでも無料で相談ができますので、こちらだけでもぜひご活用くださいね。

セルフケア薬局では、あなたの安全のため、薬剤師がいくつかご質問とご説明をさせていただいた後、適切なお薬をご提案、販売させていただいております。

合わせてご了承ください。

 

ムコダイン®️はどんな薬?飲み方や副作用は?

ムコダイン®️は去痰薬、つまり痰を取り去るお薬です。風邪などの感染症にかかり、喉や気管支が炎症を起こすと、痰が多くなって、ドロドロとしたゼリー状に固まることがありますよね。こうなってしまうと、痰が切れなくなって、息苦しく感じてしまいます。

ムコダイン®️はこのように固まってしまった痰をサラサラにする効果があります。そのため、結果として痰が吐き出しやすくなります。

ムコダイン®️の飲み方

ムコダイン®️は飲み薬として使います。錠剤の他に、シロップ剤や、ドライシロップがあります。ドライシロップ(ムコダイン®️DS)というのは、粉状で調剤してもらい、使う直前に水に溶かすことでシロップになるタイプの薬です。シロップ剤だと、どうしても消費期限が短くなってしまいますし(多くの場合2週間)、保存場所にも注意が必要ですよね。

ドライシロップは飲む直前に液状にすることで、シロップ剤の飲みやすさと保存性を両立させたお薬です。

ムコダインは1日3回食後に服用します。

ムコダイン®️の注意点と副作用

①服用量についての注意点

シロップ剤があることからも分かるように、ムコダイン®️は小児に対しても使われるお薬です。ただし、年齢、体重に応じて用量を調節する必要がありますから、医師、薬剤師は最新の注意を払って用量の計算、確認をしています。

必ず決められた用法用量を守って服用しましょう。

②副作用について

比較的副作用が少なく、安全性が高い薬と言えますが、中には気分が悪くなったり、稀に皮膚症状や薬剤アレルギー、肝障害を起こすことが報告されています。

服用していて異変を感じた際には、すぐに医師、薬剤師に相談しましょう。

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。