コラム

ステロイド軟膏が欲しい!市販で購入できる薬はある?

アトピーの症状が出てきたり、肌がひどく炎症を起こしている時、ステロイド軟膏はよく処方されます。病院に行きたくても行くことができないときステロイドを市販で購入したいと思いますよね。

今回は、ステロイド軟膏を市販で購入できるセルフケア薬局についてと、ステロイド軟膏の種類や効能について詳しくご紹介します!

セルフケア薬局のHPはこちら!

 

今回の記事では以下を知ることができます!

・ステロイドの塗り薬を購入する方法
・ステロイドの種類と基礎知識

ステロイド軟膏を市販で購入する方法

処方箋が必要と思われがちなステロイド軟膏は市販で購入できます。
その方法を詳しく説明しましょう。

ドラッグストアでステロイド入りの外用薬を購入する

薬局で購入できる塗り薬の中に、ステロイドが主成分として入っている商品があります。そのステロイド外用薬などでかゆみ、赤みなどを抑えることができます。

ステロイド外用薬にはランク(Ⅰ群、Ⅱ群、Ⅲ群、Ⅳ群、Ⅴ群)があります。数字の小さいほうがより強いステロイドになります。ただし、Ⅰ群、Ⅱ群のステロイド軟膏は取り扱いに注意が必要なため、ドラッグストアでは販売していないです。

薬局で購入するときはどのステロイドが配合されているのかを調べ、ランクも一緒に見ておくのが良いでしょう。

病院と同じステロイド軟膏は零売薬局で購入できる

病院で処方箋をもらって購入する薬の約半数は、処方箋なしでも購入できる『非処方箋薬』です。ステロイド軟膏は非処方箋薬に含まれるため、処方箋がなくても購入可能です。

処方箋が不要の薬を取り扱っている『零売薬局』というお店があり、そこを利用すれば処方箋を持っていない人でもステロイド軟膏が購入できます。
私たちセルフケア薬局も零売薬局の一つです。
セルフケア薬局では、LINEの友達登録をしていただくとステロイド軟膏など様々な薬が常に20%OFFで購入することができます。
さらにLINEではいつでも薬剤師に薬に関する相談ができます。
「こんな症状でステロイドを使っていいのか?」などちょっとした知りたいことがある時にご活用くださいね。

零売薬局は診察にかかる時間と費用が節約できるだけでなく、必要な分だけステロイド軟膏を手に入れられるのです。つまり「ちょっと使いたい」という程度なら、量が少ないチューブを1本だけ購入できるということ。

ただし、零売薬局は店舗数が少ないのがデメリットです。まずは行ける範囲に零売薬局があるかどうかをチェックして、なければ薬局か病院で処方してもらいましょう。

 

ステロイド軟膏はアトピー性皮膚炎の人によく利用される

ステロイド軟膏は塗り薬の中でも比較的よく聞く種類です。市販で購入できるのかを説明する前に、まずはステロイド軟膏がどのような薬なのかを簡単に説明しましょう。

ステロイド軟膏はランクによって種類が違う

ステロイド軟膏は『ステロイドホルモン』と呼ばれる成分が配合されています。ステロイドホルモンは体内に存在していますが、サポートが必要なときにステロイド軟膏を使用するのです。

ひとくちにステロイド軟膏といっても、強さによって5つのランクに分かれています。ステロイド軟膏に書かれている成分を調べるとどのランクなのかがわかるので、すでに使用している人は一度調べてみると良いでしょう。

アトピー性皮膚炎の人などによく利用されている

ステロイド軟膏はランクによって用途が代わりますが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患によく処方される薬です。

ランクが高いものは効果が強いため副作用が出る可能性があり、使用期間が決められていることがほとんど。

その反面、即効性が期待できるので、症状を早く緩和させたいときに効果的な薬です。

 

まとめ

ステロイド軟膏はアトピー性皮膚炎や金属アレルギーがある人によく使われる薬です。病院だけでなく市販でも購入できるので、そのときの状況に合わせて購入場所を使い分けてくださいね。

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。