国分寺市の処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局まとめ

国分寺市で零売薬局を探されている方はいらっしゃいませんか?零売薬局はやむを得ない事情がある場合に処方箋医薬品以外の医療用医薬品を直接購入できる薬局であり、東京を中心に少しずつ店舗が増えています。

そこで今回は、零売薬局の基本情報と国分寺市の零売薬局をまとめてご紹介していきます。

国分寺市にも零売薬局はある!そもそも零売薬局とは?

医薬品は、大きくOTC医薬品と医療用医薬品に分類されます。ドラッグストアや通販サイトなどでも購入できる薬なのは、前者のOTC医薬品(要指導医薬品を除く)であり、後者の医療用医薬品は受診のうえ処方箋を発行してもらい購入できるものとなっています。(通信販売不可)

そして、医療用医薬品はさらに、処方箋医薬品と処方箋医薬品以外の医療用医薬品に分類されます。どちらも診察のうえ処方箋に基づいて購入するのが原則ではあるものの、「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」という名称の通り、一定の条件においてやむを得ない事情がある場合には、零売薬局にて直接購入が可能となっています。

では、その条件にはどのようなものがあるのでしょうか?

受診勧奨が必要

零売薬局にて処方箋医薬品以外の医療用医薬品を販売するにあたり、受診勧奨が必要となっています。そのため、セルフケア薬局では、受診勧奨の上で薬を販売しております。

販売は必要最小限の数量に限る

いくらでも薬を販売して良いわけではなく、必要最小限の数量に限っての販売となります。必要最小限ってどれぐらいなの?と思われる方もいるかと思いますが、医療機関を受診できるまでの期間と医薬品の特性を考慮した上での量となっています。

適応外使用を目的とする者への販売等は不可

薬事承認された効能・効果、用法・用量の範囲を超えた、適応外使用を目的とする者への販売等は不適切であると定められています。つまりは、本来の使用の範囲を超えて利用する人には、販売しないということですね。

対面による販売

零売薬局での対応は対面販売に限られるため、代理人による購入はできません。また、処方箋医薬品以外の医療用医薬品も医療において用いられることを前提としていることを十分に考慮して、服薬指導を行わなければならないと定められています。

零売薬局はどのように探せばいいの?

零売薬局はまだまだ店舗数が多いわけではないため、歩けばそこにある…という程身近なものではありません。そのため、零売薬局を利用したいと思えば、事前に場所を調べる必要があるのです。

零売薬局を探す最も簡単な方法は、やはりインターネット検索を用いた方法です。「零売薬局 国分寺市」などのように、零売薬局と地名を掛け合わせて検索することで、Googleマップやテキストでの結果から見つけることができるでしょう。

また、当ページのように特定の地域にある零売薬局まとめ等を活用すると、まとめて探すことができます。

零売薬局は直接来店してもいいの?

零売薬局は通常の薬局のように直接来店することも可能です。その場合には、来店後問診票を記載して、相談のうえ購入という流れになります。セルフケア薬局の場合ですと、事前の予約が公式LINEアカウントからでき、薬の在庫確認や相談なども公式LINEからおこなうことができるようになっています。

国分寺市にある零売薬局まとめ

国分寺市にある零売薬局は下記の通りです。セルフケア薬局のコラボ店である、おだいじに薬局では、零売に加えて通常の調剤(処方箋受付)もおこなっております。

セルフケア薬局 nonowa西国分寺店
所在地:東京都国分寺市西恋ケ窪2丁目1−18 (中央線下りホーム)
定休日:なし
営業時間:平日:12:00~15:00、16:00~21:00、土・日・祝日:10:00~15:00、16:00:19:00
特徴:セルフケア薬局nonowa西国分寺店は、JR西国分寺駅の中央線ホーム階(改札内中央線下りホーム)に店舗がある。セルフケア薬局nonowa西国分寺店は、エキナカでは初の出店店舗である。

おだいじに薬局 ハート店(国分寺)
所在地:東京都国分寺市東元町3-33-1(国分寺駅南口から徒歩7分)
定休日:木曜・祝日(※日曜日は処方箋受付のみとなります)
営業時間:月・火9:00~17:30、水:9:00~16:00、金:9:00~17:30、土:9:00~15:30 (※12:00~13:30は昼休業となります)
特徴:体調の優れない時やお薬に関して不安な点がある時は頼りなる、街の保健室のような薬局。駐車場があるため、お車での来店も可能。

2022年8月段階では、国分寺市には、まだまだ零売薬局の店舗数は少ない状況です。

まとめ:国分寺市の処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局まとめ

いかがでしたか?今回の内容としては、
・医薬品は大きくOTC医薬品と医療用医薬品に分類され、OTC医薬品は通信販売が可能だが、医療用医薬品は対面販売に限る
・零売薬局にて処方箋医薬品以外の医療用医薬品を販売するにあたり、受診勧奨が必要であったり条件がある
・零売での対応はやむを得ず販売等を行わざるを得ない場合に限られている
・国分寺市には、セルフケア薬局 nonowa西国分寺店やおだいじに薬局 ハート店が零売対応をおこなっている
以上の点が重要なポイントでした。処方箋医薬品以外の医療用医薬品であっても、診察を受けたうえで購入することが原則です。ただし、やむを得ない事情があれば、仕組みを理解して零売薬局を利用すると良いでしょう。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する