コラム

アレグラはどんな薬?市販で購入する方法は?

 

花粉症やアレルギーによる鼻の症状を緩和させるために『アレグラ』はよく処方されます。

病院に行きたくても行けないとき「アレグラを市販で購入したい」と考えますよね。

今回はアレグラを市販で購入できるセルフケア薬局についてと、アレグラの詳しい効果と効能をご説明します。

セルフケア薬局のHPはこちら!
今回のブログでは以下を知ることができます。

 

・アレグラを市販で購入する方法
・処方箋がなくても病院の薬を購入できるセルフヘア薬局について
・アレグラの副作用について
・アレグラの詳しい効能と効果

 

 

アレグラを市販で購入する方法

 

花粉症などのアレルギー症状は熱や風邪とは違い、すぐに病院を受診する必要はないと考え、市販薬で対処をしたいと思う方も多いでしょう。

 

しかし、アレグラは漢方薬やサプリメントとは違い『薬』ですから、医師の診察を受けないと購入できないと考えているかもしれませんが、実は処方箋がなくても購入できる薬(非処方箋医療用医薬品)です。

 

そのため、ドラッグストアやネット通販、処方箋が不要の薬を販売している零売薬局などで購入できます。

 

セルフケア薬局は零売薬局に当たります。

LINEの友達登録していただくと、「アレグラとこの薬の飲み合わせは大丈夫か?」という時などに薬剤師にLINEからもちろん無料で相談することができます。

また、店頭で薬を20%オフで購入できますので、ご来店の際はご活用ください。

 

LINE友達登録

 

診察が必要ないドラッグストアや零売薬局なら病院に行きたくても行けない時に利用できますし、常備薬として家に置いておきたい場合はネット通販も便利です。

 

ただし、ドラッグストアで購入する場合、商品によっては薬剤師の説明を受けないと購入できないことがあるため、薬剤師がいる時間帯をあらかじめ確認しておきましょう。

 

市販されている薬の中には『アレグラ』という品名ではないときもあるので、その場合は成分の中にフェキソフェナジン塩酸塩が配合されているかチェックしてください。

 

また、アレグラをしばらく服用しても症状が改善されないときは、薬が効いていないかアレルギー症状ではない可能性もあるので一度医療機関を受診することをおすすめします。

 

 

アレグラの詳しい効能と効果

 

アレグラを服用したことがある方はどのような薬か理解しているでしょうが、初めて花粉症の症状が出た方は薬について詳しく知りませんよね。

 

まずはアレグラがどのような薬で、副作用が出る可能性はあるのかから説明していきます。

 

アレグラはアレルギー症状の緩和に効果的な薬

 

アレグラは『フェキソフェナジン塩酸塩』が主成分の薬で、アレルギー症状の緩和や皮膚炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎など皮膚の症状にも効果を発揮します。

 

アレルギー症状になる原因はさまざまですが、花粉だけでなくハウスダストが原因の症状にアプローチしてくれるので、風邪ではなくアレルギーが原因と考えられる不調のときに幅広く使われる薬です。

眠くなりにくいのが特徴

アレルギー症状を抑える薬は眠くなりやすいのがデメリットでした。

 

しかしアレグラは眠くなりにくいため、自動車の運転や仕事などの日常生活に支障が出にくく、他の抗アレルギー薬ではなくアレグラを好む方は少なくありません。

 

とはいえ全く眠くならないというわけではないので、服用したときは「運転しても問題がないか」「外出しても危険ではないか」という点を都度確認することが、薬の副作用による事故等を防ぐために忘れてはいけないポイントです。

 

アレグラは副作用が出る薬?

 

アレグラは比較的副作用が少ない薬ですが、

 

・腹痛

・めまい

・頭痛

・眠気

・口渇

・蕁麻疹

・胃腸の不調

 

などが副作用として報告されているので、万が一アレグラを服用して体に異変を感じたらすぐに服用を中止しましょう。

 

また、呼吸が困難になる、熱が出る、喉が痛くなる、全身がだるくなるなどの症状が出たときは、薬の副作用によって別の病気にかかっている可能性があるので、すぐに医師の診察を受けてください。

 

 

 

アレグラはこんなときにおすすめ

 

くしゃみや鼻水、皮膚のかゆみなどは比較的起きやすい症状ですが、アレグラで済ませてもよいのか、それとも病院を受診するべきか悩む方もいるはずです。

 

そこで市販のアレグラがおすすめのときはどのような場合なのかを説明するので、判断に迷ったときの参考にしてください。

花粉やアレルギー、ハウスダストによる諸症状だと判明しているとき

くしゃみや鼻水以外に、

・発熱

・全身の倦怠感

・ひどい咳

・関節痛

・めまい

など他の症状があるときは、アレルギー症状ではない可能性があるので病院を受診することをおすすめします。

 

これらの症状がなく、花粉やアレルギーハウスダストによる諸症状だと考えられるときは、市販のアレグラを試してみてもよいでしょう。

 

眠くなりにくい薬がほしいとき

 

アレルギー症状だとわかっているときに限りますが、眠くなりにくい抗アレルギー薬が欲しい方にアレグラはおすすめです。

 

薬を飲んだあとに運転しなければならない、仕事へいかなければならないという方はアレグラなら普段とほぼ変わらない生活ができるでしょう。

忙しくて耳鼻科へいく暇がないとき

アレルギー症状だとわかっているけれど、忙しくて内科や耳鼻科に行く時間がないという方にもアレグラはおすすめです。

 

アレルギー症状ではない場合は病院の診察が必要ですが、アレルギーが原因なら病院でアレグラを処方されることが多いでしょう。

 

そのため、時間がないときは市販のアレグラでも病院を受診して薬をもらう場合とあまり変わらないので、市販のアレグラを試してみてくださいね。

 

アレルギー症状を緩和させたいときは市販のアレグラがおすすめ

 

花粉やハウスダストによるアレルギー症状を緩和させるには、フェキソフェナジン塩酸塩が配合されたアレグラがおすすめです。

 

アレグラは市販されている薬ですから、病院へ行く時間がないときはドラッグストアや零売薬局で購入してみてください。

 

ただししばらく服用しても症状が緩和されなかったり、ひどくなったりするようであれば、時間を作って一度は医師の診察を受けましょう。

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。