コラム

市販のプリンペラン錠で期待できる効果は?

「なんだかちょっと胃の調子が悪いかも」と感じる場合、病院を受診するほどでもないので、できれば市販薬で済ませたいと思いますよね。

 

胃の不調を改善するには『プリンペラン錠』がおすすめですが、この薬は病院を受診しなくても購入できるのでしょうか?

 

今回はプリンペラン錠の特徴を説明するとともに、市販されている薬なのかどうか、どのようなときにプリンペラン錠がおすすめなのかについて詳しく説明します。

 

今回の記事では以下を知ることができます。

・プリンペラン錠の特徴

・プリンペラン錠は市販されているのか

・プリンペラン錠がおすすめのシーン

・胃が不調のときはプリンペラン錠だけに頼らず食生活の見直しを

胃痛・胃の不快感

 

プリンペラン錠はどんな薬?

胃の不調を感じて病院を受診したことがあっても、これまでにどのような名前の薬を処方されていたのかまで覚えている人は少ないでしょう。

 

そのため『プリンペラン錠』と言われてもどのような効果が期待できるのかパッと頭に思い浮かばないでしょうから、まずはプリンペラン錠の特徴や服用するときの注意点、副作用についてから詳しく説明します。

 

プリンペラン錠の特徴

プリンペラン錠はメトクプロラミドを主成分とし、消化器官運動を促進させることで、吐き気や胃の不快感を緩和するのが特徴です。

期待できる効果としては、

・胃炎
・胃腫瘍
・薬を服用したときに起こる消化器機能異常(悪心、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感など)

の緩和となります。

 

プリンペラン錠は胃炎が繰り返し起こる人や、薬を服用したことによって胃が荒れてしまった人などにおすすめの薬です。

 

プリンペラン錠を服用するときの注意点

プリンペラン錠を服用する前に、

・妊娠中

・授乳中の人

・これまでに他の薬でアレルギー症状が出たことがある人

・ほかの薬を服用中の人

これらの項目に当てはまらないか確認してください。

 

もし当てはまる項目がある場合、薬を服用すると副作用が出たり効果が強く出てしまったりする可能性があるので、必ず事前に医師または薬剤師に相談しましょう。

 

プリンペラン錠の副作用

プリンペラン錠の副作用としては、

・筋肉がこわばる

・月経が来なくなる

・手や指が震える

・体や顔がむくむ

・発疹

などが報告されています。

 

もし上記のような症状が出たときは、服用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

 

万が一、

・呼吸がしにくくなる

・発熱する

・意識がうすれる

・筋肉がピクピクと痙攣する

・口の周囲が絶え間なく勝手に動く

などの症状が出た場合は重大な副作用の可能性があります。

 

少しでも当てはまる症状が出たら服用を中止するとともに、すみやかに医師の診察を受けるようにしましょう。

 

プリンペラン錠は市販されている?

プリンペラン錠は胃のもたれなど、胃の不調を改善するのに効果的な薬ですが、市販されているものなのでしょうか?

 

プリンペラン錠はドラッグストアで市販はされていませんが、処方箋が不要な薬のため、診察を受けなくても購入できます。

 

非処方箋医薬品を取り扱っている『セルフケア薬局』なら、病院を受診しなくてもプリンペラン錠を購入できるのでぜひ参考にしてみてください。

 

プリンペラン錠はこんなときにおすすめ

 

セルフケア薬局で購入できるプリンペラン錠か、それとも医師の診察を受けた方がよいのか迷うときもあるでしょう。


そこでセルフケア薬局のプリンペラン錠でもよいシーンを3つご紹介するので、どちらがよいか迷ったときの参考にしてください。

 

胃の不快感を今すぐ緩和させたい人

病院を受診するとなると、診察から薬を処方してもらうまでにだいたい1時間前後かかるのが一般的です。

 

そのため、仕事や家事、育児などで忙しい人は、胃の不快感を緩和したいけれど病院へ行く時間がないので困りますよね。

 

セルフケア薬局なら診察時間を短縮できるので、30分ほど時間があればプリンペラン錠を購入できます。

 

薬で胃が荒れてしまった人

薬によっては胃への刺激が強く、1週間ほど服用しただけでも胃が荒れてしまい、胃もたれや腹部膨満感などの症状が出ることがあります。

 

通常は薬の服用を止めれば胃の不調も改善しますが、「薬をまだ服用しないといけない」という人もいるはずです。

 

そのようなときはプリンペラン錠を一緒に服用すれば、胃の症状を緩和しながら、もともと飲んでいた薬を服用し続けられます。

 

ただし、薬は飲み合わせがよいものと悪いものがあるので、医師または薬剤師に相談してから併用してください。

 

市販の医薬品は使いたくない人

プリンペラン錠以外にも、胃の不調を緩和する市販薬はたくさんあります。

 

しかし中には「市販薬で合うものがない」「不安なので市販薬は飲みたくない」という人もいるでしょう。

 

そのような人は市販薬をいろいろ試すより、セルフケア薬局などでプリンペラン錠を購入したほうがよいかもしれません。

 

胃が不調のときはプリンペラン錠だけに頼らず食生活の見直しを

胃が不調のときは、プリンペラン錠を服用しているからとって、普段通りの食生活でも症状が改善されるというわけではありません。

 

プリンペラン錠が不調へアプローチをしてくれますが、胃が弱っている状態なので、胃に優しい食事を心がける必要があります。

 

胃の調子が悪いときの食生活のポイントを4つにまとめましたので、ぜひこちらも参考にしてください。

 

刺激物を避ける

胃が弱っているときに刺激が強い食事を摂取すると、胃が余計に荒れてしまい、なかなか症状が改善されません。

そのため、

・香辛料が入った食事

・アルコール

・カフェイン入りの飲み物(コーヒー、緑茶、紅茶)

・冷たいもの

・甘いもの

などの刺激物はできるだけ避けるようにしましょう。

 

喫煙も胃に負担をかけるので禁煙がベストですが、難しいなら本数を控えるようにすると治りが早くなるはずです。

 

食事の量は控えめにする

胃が弱っていると消化能力もいつもより落ちているので、食べすぎると胃もたれや消化不良の原因になります。

 

胃の調子がよくなるまでは腹八分目を意識し、食べすぎないよう注意しましょう。

早食いも胃に負担をかけますので、ゆっくりよく噛んで食べるようにしてください。

 

消化のよいものを食べる

「量を少なめにして刺激物を避けても胃もたれする」というときは、消化のよい食事に切り替えてみてください。

たとえば、

・白飯

・うどん

・おかゆ

・鶏肉

・バナナ

・りんご

・白身魚

などが消化のよい食べ物です。

 

反対に、

・ラーメン

・玄米

・ドライフルーツ

・アボガド

・たこ

・イカ

・ベーコン

・バラ肉

などは消化をしにくい食材なので注意が必要。

 

朝昼晩の食事だけでなく間食にも気をつかい、胃が元気になるまでは負担をかけないように心がけましょう。

 

ストレスや食事の時間帯にも注意

胃は食事の内容だけでなく、ストレスや食べる時間帯も荒れる原因になります。

 

過剰なストレスを溜めないよう適度に休息を取り、遅い時間に食事を取るのを控えるなど、食事の時間帯にも注意しましょう。

 

プリンペラン錠だけに頼らず、あらゆる角度から食生活を見直すことが、早く胃の調子を改善するコツなので参考にしてください。

 

胃の不調に悩んだらまずプリンペラン錠を試してみて(まとめ)

胃の不調が続くと食欲はなくなりますし、気になって日常生活に支障が出たりもしますよね。

 

症状が長引くなら一度医療機関を受診したほうがよいですが、軽いならプリンペラン錠を数日服用して様子を見てもよいでしょう。

 

自分の症状に合わせて適切な薬を選び、胃の不調から開放されましょう。

 

参考文献

https://www.e-pharma.jp/druginfo/tempbunsyo/2399004F1200

http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=42053

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/search?p=プリンペラン錠

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B3%E9%8C%A0&flg=3&class=1&ei=UTF-8&fr=common-navi&b=11

 

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。