風邪が長引く原因と対策方法について

「風邪が長引いて困っている…」
「なぜ今回の風邪はこんなに長引いているんだろう…」
風邪はさまざまなウイルスが原因となって発症するものの、基本的には短い期間で自然治癒します。しかし、時として風邪が長引いてしまうこともあるのですが、それにはどのような原因が隠れているのでしょう。

今回は、風邪が長引く原因と、その対策方法をテーマにお届けしていきます。今まさに風邪が長引いていると感じる方や、風邪を長引かせたくない方はぜひご覧ください。

風邪の症状について

風邪の症状は、発熱・咳・鼻水・鼻づまり・倦怠感・のどの痛みなどが挙げられます。風邪の症状は、のどの痛みやくしゃみで始まることが多く、その後鼻水や咳などがあらわれます。

風邪は何日ぐらいで治る?

風邪は原因ウイルスによって症状の持続期間は異なりますが、大体1週間から10日ほどで治ります。1日~4日程の潜伏期間を経てから風邪を発症し、発症後1日~2日は強い感染力を持ちます。

風邪が長引く原因とは?

続いて、風邪が長引く原因について見ていきましょう。

季節の変わり目である

季節の変わり目は1日を通して気温の差が激しく、それが原因となって自律神経は乱れやすくなります。自律神経の乱れは、頭痛・倦怠感などをひきおこしますが、症状以外にも免疫力低下を招きます。

免疫力は、細菌やウイルスと戦う力ですので、免疫力がより低下すれば風邪が長引いてしまう可能性もあります。

免疫力が弱っている

前項でも免疫力について軽く触れましたが、免疫力と風邪は深い関わりがあります。睡眠不足・運動不足・栄養不足・生活習慣の乱れ・ストレス・喫煙などは免疫力を低下させる原因になります。

免疫力が低い人は感染症が重症化しやすかったり、合併症を起こしやすかったり、風邪が長引きやすかったりします。

夏風邪である

夏風邪が起こる夏の時期は、その暑さによって睡眠が不足したり、体力が消耗しやすくなります。体力が消耗しやすい季節であるが故に夏風邪は長引きやすいという特徴があります。

風邪を長引かせたくない…風邪の対策方法を紹介!

続いて、風邪を長引かせないための対策方法について見ていきましょう。

睡眠時間を確保する

睡眠は肉体的・精神的な疲労を回復させるものですが、免疫力と睡眠は深く関係していますので、免疫力を高めるためにも睡眠時間はしっかり確保しましょう。

また、睡眠時間の確保だけでなく良質な睡眠のために、コーヒーをとりすぎない、就寝前にスマホやパソコンを見ないなどを意識しましょう。

体を温める

体温と免疫力も深く関係しており、1度体温が上がるだけでも免疫力は高まるとされています。風邪をひけば薄着を避けて暖かい恰好をし、安静に過ごしましょう。

こまめな水分補給

風邪は発熱によって、脱水症状を招きやすいため、こまめな水分補給が大切です。一度に大量に水分を摂るのではなく、こまめに飲むというのがポイントです。

胃腸症状が起こるお腹の風邪の場合、大量に水分を一度に飲んでしまうと下痢症状の悪化を招きますので、特にお腹の風邪では本当に少しずつこまめに飲むことが大切です。

症状が長く続く場合は風邪以外の病気である可能性も

風邪が長引いているな…と感じる場合には、風邪以外の病気である可能性もあります。風邪は冒頭の方でもお伝えしたように基本的に1週間~10日程で自然治癒するものです。

長引く咳は咳喘息の疑いも

咳が長引く場合には、咳喘息の疑いもあります。咳喘息は、咳だけが症状としてあらわれる病気で、風邪のあとに起こる場合があります。咳喘息を放置してしまうと気管支喘息に移行してしまう場合がありますので、症状が長引けば受診して医師に診てもらいましょう。

まとめ:風邪が長引く原因と対策方法について

いかがでしたか?今回の内容としては、
・風邪は通常1週間から10日ほどで治るもの
・風邪が長引く原因としては季節の変わり目であったり免疫力が低下している場合が考えられる
・風邪を早く治すためには睡眠時間をしっかり確保して免疫力を高めること
・風邪の症状が長引く場合には風邪以外の病気が隠れている場合もある
以上の点が重要なポイントでした。風邪が長引いてしまうと、予定がずれてしまったり余計に体力を消耗してしまったりして辛いですよね。風邪が長引く原因には免疫力が関係していますので、風邪をひけば睡眠時間をしっかり確保して安静に過ごしましょう。

処方箋なしで病院の薬を買う方法はある?

医療用医薬品は基本的に処方箋が必要ですが、処方箋なしで病院の薬を買う方法はあるのでしょうか?セルフケアといえば、処方箋が必要ではない市販薬をイメージされるかもしれませんが、処方箋がなくても一部の医療用医薬品であれば購入が可能です。

医療用医薬品は処方箋医薬品と処方箋医薬品以外の医療用医薬品に分類することができ、後者の処方箋医薬品以外の医療用医薬品は、零売薬局といわれる薬局で手にすることができます。そして、零売薬局としてチェーン展開しているのが、セルフケア薬局であり、東京を中心に店舗拡大中です。

掲載しているお薬は一部です。必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する