コラム

目が乾燥する!原因と正しい対策法を知っておこう

目が乾燥すると、ものを見にくくなったり染みたりするため、目薬が手放せないですよね。

今回は目が乾燥する原因と正しい対処法をご紹介します。目の乾燥をそのままにしておくと、不便なだけでなく他の疾患につながる可能性があるので、早めに対処をしておきましょう。

 

今回のブログでは以下を知ることができます!

・目が乾燥する時の対処方法
・目が乾燥する原因
・目の乾燥はそのままにしない方がいい

 

目が乾燥するときの対処法!自分でしっかりケアしよう

それでは、目の乾燥やドライアイを悪化させないための対処方法を7つご紹介していきます。早めの対処が重要なので、「乾燥しているかも」と感じたら、一度生活習慣を見直して対処していきましょう。

目の乾燥が気になるときは、点眼液一覧も合わせてチェックして見てくださいね。

部屋を加湿する

室内が乾燥していると目は乾燥しやすくなります。加湿器を使ったり濡れたタオルを干すなどをして、部屋を加湿しておきましょう。適切な湿度は40〜60%です。湿度計を部屋に置いておくと数値をチェックできるので、一つ用意しておくのをおすすめします。

コンタクトを正しく使う

コンタクトレンズの使い方が間違っていると、目の乾燥を引き起こします。コンタクトレンズをつけるときは清潔な手を使い、1日12〜16時間を目安に装着しましょう。コンタクトレンズは正しい使い方をしていても目が乾燥する場合もあるので、目薬を併用するのがおすすめです。

パソコン画面などを長時間見ない

パソコンやスマホ、テレビの画面をじっと見つめているときは、普段よりもまばたきの回数が減ります。目を開いている時間が長くなるため、目が乾燥する原因になるので注意しましょう。

パソコンやスマホ、テレビを長時間見ないように心がけ、1〜2時間に一度は休憩すると、目の乾燥を防げます。

明るさを適正にする

暗い部屋でものを見ることも、目の乾燥につながります。暗くなったら電気をつけたり、寝る前に本を読むときはスタンドライトを使ったりして、室内の明るさを適正にしましょう。

本を読むときは少し明るめに、パソコンやスマホを使うときはやや暗めに証明をセットすると目に負担がかかりにくいので参考にしてください。

市販の薬を使う

生活習慣を見直しても目の乾燥が改善しない、コンタクレンズを使用しているという場合は、市販の目薬を使うのも一つの方法です。目の乾燥を改善するときの目薬は、塩化ナトリウムや塩化カリウム、塩化カルシウムなど、涙と同じ成分のものを使いましょう。

その他、目の不調への効果が期待できる、漢方薬「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」もおすすめです。

マッサージで血行を促進させる

目の乾燥には、目の周りのマサージで血行を促進させたり、コリや疲れを取るのも効果的です。やり方はとても簡単で、中指と薬指を合わせ、目の周りの骨の縁に沿って、ぐるりと一周指を滑らせるだけ。目の疲れなどに効くツボを刺激できますので、気が付いたときにマッサージする癖をつけておきましょう。

食生活に注意する

ここまでご紹介した方法にプラスして、食生活にも注意すると体の内側から目の乾燥を改善できるでしょう。

ドライアイの改善に効果が期待できる食材は、小松菜やホウレン草、ナッツ類、ホタテ、牛肉、青魚、イクラ、赤鮭などです。これらの食材を意識的に摂取するようにすれば、目の乾きも徐々に良くなるはずです。

 

目が乾燥する原因は?使いすぎはよくない?

目の乾燥は「常に乾燥している」という人がいれば、「ほとんど乾燥したことがない」という人もいます。なぜ目が乾燥しやすい人とそうでない人にわかれるのでしょうか。まずは目が乾燥する原因から説明していきます。

目が乾燥するのは『ドライアイ』のせい

目の乾燥する原因の多くは、『ドライアイ』という疾患によるものです。ドライアイとは、涙の量が少なくなったり、涙の成分が変わったりする疾患。涙の量や質が変化することで、目が乾燥するといった症状が出ます。

ドライアイはある日突然なるというよりは、ドライアイになりやすい生活習慣を繰り返し行うことで発症する場合が多いのです。ドライアイになりやすい生活習慣については、次の章で詳しく説明しましょう。

こんな行動に注意!

ドライアイになりやすい行動には、

  • コンタクトレンズの使用
  • 睡眠不足
  • スマホやパソコンを長時間使用
  • 空気が乾燥した環境に長い時間いる
  • ストレスの蓄積

などがあります。

この中に当てはまる行動があり、目の乾燥を感じている人は、ドライアイである可能性が高いと言えます。

 

 目の乾燥をそのままにしておくとどうなる?

では、目の乾燥をそのままにしておくと一体どうなるのでしょうか?一時的な乾燥であれば自然に治ることもありますが、ドライアイだった場合は痛みが出る可能性があります。

さらに、乾燥によって角膜がはがれてしまう角膜上皮剥離や、視力の低下を引き起こす危険性もあるのです。

「たかが目の乾燥」と思わず、ドライアイの症状を進行させないために、乾燥を感じたらしっかり対策をしておくことが大切と言えます。

 

目の乾燥を防いでストレスのない生活を

目が乾燥すると目薬が手放せませんし、ものが見にくくてストレスがたまりますよね。ドライアイの症状が進行すると、その分治るまでに時間がかかります。

乾燥の症状が軽いうちに対処しておくのが、ドライアイや目の乾燥を悪化させないコツです。目の乾燥を防いで、ストレスのない生活を送りましょう。

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。