コラム

エピナスチンが市販でも購入できるって知ってた?薬の強さはどのくらい?

『エピナスチン』は、花粉症などアレルギー症状が出やすい人によく利用される薬です。

「エピナスチンが必要だけど、病院へ行く時間がないので市販で購入したい」という方も多いのではないでしょうか?

今回は、エピナスチンを市販で購入できる薬局であるセルフケア薬局のご紹介と、エピナスチンをの詳しい効能・効果についてご説明します。

今日のブログでは以下を解決することができます。

・エピナスチンを市販で購入する方法
・セルフケア薬局について
・エピナスチンの効果と効能


LINEで薬剤師と相談ができます。

LINEに登録いただくと、セルフケア薬局の薬剤師と相談ができます

在庫や購入できるお薬の確認もできますので、気軽にご連絡ください!!



LINEでお友達登録する

エピナスチンを市販で購入する方法

アレルギー症状の強さは個人差があるので、病院で診察してもらってから欲しい場合と、そこまでではないけれど薬が欲しい場合にわかれます。

また、花粉症が原因のアレルギー症状ですと、日によって症状の重さが変わるため、忙しくて病院に行けないときにエピナスチンが欲しいと思う場合もあるでしょう。

しかし実は、エピナスチンは病院で処方箋をもらわず、市販で購入できる薬なのです。市販で購入する方法を詳しく説明しましょう。

エピナスチン塩酸塩が配合された市販薬を購入する

エピナスチンの主成分のエピナスチン塩酸塩は、市販薬にも配合されているものです。

そのため、エピナスチン塩酸塩が含まれている薬を薬局で購入すれば、病院でエピナスチンを処方してもらったときと同じ効果を得られます。

ただし薬によっては薬剤師の説明がないと購入できない場合があるので、時間に多少の余裕があるときに買いに行くのがおすすめです。

病院でもらえっている薬がほしいけど、受診できない時は

病院で処方される医療用のお薬は、原則医師の処方せんが必要ですが、やむを得ず受診できない時は零売薬局(れいばいやっきょく)であれば、処方箋なしでも購入することができます。(一部のお薬飲み)

ちなみに、エピナスチンを含むお薬は、やむを得ない事情の際に、零売薬局で購入することができるお薬です。零売薬局のセルフケア薬局では、LINEでは飲み合わせなど薬に関することを、薬剤師にいつでも相談できますので、気軽にご連絡ください。

エピナスチンってどんな薬?薬の強さは?

体内に入るものですから、まずはエピナスチンがどのような薬なのかを知っておきましょう。

エピナスチンの主成分は?

エピナスチンに含まれる主な成分は『エピナスチン塩酸塩』です。アレルギー性疾患治療剤に分類され、皮膚科や内科などで処方されます。

エピナスチンは抗ヒスタミン薬の中で比べると強い薬ではありません。
他の抗ヒスタミン薬と比較すると強さは中間くらいと思っておくといいでしょう。
しっかり効果を感じることができますが、小さな子どもでも処方が可能な薬です。

飲み方は症状によって違いますが、1日1回服用するのが一般的です。

アレルギー症状が出ている人に処方される

エピナスチンはアレルギー症状が出ている人に処方される薬です。例えば、花粉症によるアレルギー性鼻炎や気管支発作、蕁麻疹、皮膚炎などがアレルギー症状の一例です。

アレルギー症状は1〜2日では治りにくいため、継続して飲むことが多いものです。また、花粉症は症状が落ち着く時期が人によって違い、アレルギー物質が多いと一年中エピナスチンが必要になる場合もあります。

まとめ

エピナスチンはアレルギー性鼻炎や蕁麻疹などの症状がある人に処方される薬です。時と場合に合わせて購入方法を選び、適切に使用しましょう。

薬剤師 服部雄太
監修:
薬剤師 服部雄太
■薬学部卒業後、医療機器MR・調剤薬局での薬剤師経験を経て、現在調剤薬局を複数店舗展開中。
■処方箋なしで病院の薬が買える薬局を通して、受診ができない方々の健康支援を目指しています。
掲載しているお薬は一部です。必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。