コラム

人参湯は市販されているの?どんな時に利用するの?

胃の痛みや胃の不快感を感じる時人参湯は処方されます。
病院に行きたくても行くことができないとき、人参湯を市販で購入したいと思いますよね。

今回は、人参湯を市販で購入できるセルフケア薬局についてと、人参湯の効果効能を詳しく解説していきたいと思います。

この記事では以下を知ることができます。

・人参湯はどんな漢方か 特徴
・人参湯はこんな人が服用している!効果について
・自分が人参湯の服用に適した体質かチェック!
・人参湯の副作用
・人参湯を市販で購入する方法


LINEで薬剤師と相談ができます。

LINEに登録いただくと、セルフケア薬局の薬剤師と相談ができます

在庫や購入できるお薬の確認もできますので、気軽にご連絡ください!!



LINEでお友達登録する

人参湯を市販で購入する方法

第2類医薬品として市販されています。漢方薬局では、薬剤師による「証」の診断を受けることも可能です。

※「証」とは漢方独特の観点に立った診断です。陰や陽、虚や実などに分けられます。

人参湯は市販で購入できる

漢方薬はツムラやクラシエなどが第2類医薬品販売するものと、病院で処方される医療用の漢方薬があります。

第2類医薬品はドラッグストア等で購入することが可能ですが、医療用のものは処方箋なしで購入することはできるのでしょうか?

実は、病院で処方される薬の中には、処方箋がなくても購入できるものがあります。受診ができない方のために、処方箋なしで薬を販売している薬局を零売薬局(れいばいやっきょく)といいます。

もちろん、零売薬局でもすべての薬が入手できるわけではありませんが、漢方薬の取扱いもあります。

ただし、気になる症状がある場合や、症状が改善しない場合、または症状が悪化した場合など、自己判断をするのではなく、速やかに医療機関を受診しましょう。

また、セルフケア薬局ではLINEで薬剤師と無料の相談を行うことが可能です。お薬や症状でお困りの場合は、気軽にご相談くださいね。

人参湯(ニンジントウ)の特徴

薬用人参は、古くから日本人にも馴染みのある生薬で、多くの漢方薬に用いられています。その人参を主薬とする人参湯は、古くは理中丸とも呼ばれ、なんとなく不調な胃腸を元気にする漢方薬です。特に体力がなく、冷え性で胃腸が弱い人向きで、胃腸全般の調子をよくしたい時に利用されます。

人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)、蒼朮(ソウジュツ))、乾姜(カンキョウ)が配合されています。

人参

一般的には朝鮮人参と言われています。消化機能を高め、「気」を増すことで体力を回復させる作用があります。新陳代謝が活発になり、免疫機能を高める効果も期待できます。

 

甘草

生薬の働きを調和させる目的で広く使われます。そのため、複数の漢方を服用する時には、甘草の総量に注意をする必要があります。

胃の痛みや不快感にお悩みの方は、その他の胃薬も合わせてチェックしておきましょう。

人参湯の効果

胃腸の不調全般に効果があり、胃腸の働きを高めて、食欲不振、胃もたれ、胃痛、下痢などを改善する働きがあります。痩せていて貧血、冷え症で胃部圧重感あるいは胃痛がある人、軟便または下痢の症状、加えて頭重や嘔吐を伴う症状の緩和などに効果が期待できます。

具体的には、以下のような人が人参湯を利用しています。

◇冷え性の人

◇胃腸の弱い人

◇はっきりとした病気はないが、胃腸の動きがなんとなく不調な人

◇食欲がない高齢者

◇大病のあとや手術後などで体力が低下した人

◇便秘や下痢を繰り返す過敏性腸症候群の人

◇虚弱体質の人

◇口の中に唾液がたまって気持ちが悪い人

◇倦怠感がある人

◇薄い尿が大量にでる人

病変はないものの胃腸の調子が悪い場合に広く利用されます。

人参湯があなたに効く漢方かチェック!「気虚」「水滞」の人向き

漢方医学では「気・血・水」が体内のバランスを維持していると考えられ、この3つのバランスが崩れると不調が現れるとされています。

人参湯は、「気虚」「水滞」の状態である人向けの漢方薬です。

以下で「気虚」「水滞」の特徴をご紹介します。
自分が当てはまるかチェックしてみるといいでしょう。

「気虚」の特徴

気虚は、気の量が不足することで活力が落ちている状態です。

以下の特徴があります。

◇体がだるい、疲れやすい

◇気力がない

◇食欲不振

◇下痢をしやすい

◇舌が白っぽく腫れている

◇脈が弱い

「水滞」の特徴

水が停滞し、体の一部に余分に溜まっている状態です。

以下の特徴があります。

◇体が重い◇悪心・嘔吐

◇めまい、立ちくらみ

◇水のような下痢

◇むくみ

人参湯の副作用

頻度は少ないものの、下記の副作用が報告されています。

胃の不快感、食欲不振、軽い吐き気、発疹、発赤、かゆみ

重度の副作用
偽アルドステロン症(初期症状:だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症)

※成分に「甘草」が含まれるため、副作用としてむくみや血圧の上昇などが起こる可能性があります。アルドステロン症、ミオパチー(筋肉障害)、低カリウム血症の方は利用できません。

おまけ:こんな時こそ漢方薬の使用を

不調を感じて病院を受診するも、検査では異常なしと言われる…そんなことはありませんか?そういう時こそ、漢方薬の出番です。漢方では「未病」といわれる病気の前段階の症状も治療の対象となるためです。

体のバランスが崩れると、何かしらの不調が表れます。そのバランスを漢方薬が整えることで、本格的な病気にならないよう予防に努めます。早期治療をすることで、病気の重篤化を防ぎ、別の病の発症を食い止めることが可能です。

まとめ

胃腸の調子が悪いと、体に力が入らなくなり覇気が無くなります。

はっきりとした痛みはないけれど、慢性的に胃腸の不調を感じる場合は、人参湯がおすすめです。

胃腸の調子が整えば、食べたものから充分に影響を吸収することができるようになり、全身へと力がみなぎるようになります。前向きな気持ちで毎日を楽しく過ごすためにも、できるだけ病は未病で防ぐようにし、ちょっとした変化にもすぐに気がつくようにしておきましょう。

薬剤師 服部雄太
監修:
薬剤師 服部雄太
■薬学部卒業後、医療機器MR・調剤薬局での薬剤師経験を経て、現在調剤薬局を複数店舗展開中。
■処方箋なしで病院の薬が買える薬局を通して、受診ができない方々の健康支援を目指しています。
掲載しているお薬は一部です。必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。