コラム

ピーエイ配合錠はどんな症状に効く?市販でも購入可能?

 

『ピーエイ配合錠』とは、ウィルスが原因で起こる風邪や、呼吸器系の炎症を和らげてくれるお薬です。

病院に行きたくても行けないときピーエイ配合錠を市販で購入したいと考えますよね。

今回は、ピーエイ配合錠を市販で購入できるセルフケア薬局についてと、ピーエイ配合錠の詳しい効果と効能をご紹介します。
セルフケア薬局のHPはこちら!

 

今回のブログでは以下を知ることができます。

 

・ピーエイ配合錠を市販で購入する方法
・ピーエイ配合錠の効果と効能
・ピーエイ配合錠の副作用

 

ピーエイ配合錠を市販で購入したいとき

 

ピーエイ配合錠は市販でも販売されているのかについてですが、残念ながらピーエイの市販薬は存在しません。

しかしながら、ピーエイに含まれる『サリチルアミド』や『アセトアミノフェン』の入っている風邪薬は販売されています。

ピーエイと同じ効き目があるとは言えませんが、熱を下げたり炎症を抑える効果はあるので、「急な発熱でどうしよう」そんな時、ドラッグストアしか開いていない場合などはこちらを選んで下さい。

 

「病院へ行けない」零売薬局でピーエイは購入できる

 

ピーエイが欲しくても「病院へ行く時間がない」そんな方も中にはいるかと思います。

市販薬での販売はありませんが、ピーエイを処方箋なしで購入できる「零売薬局」という場所があります。例えば子育て中のお母さんや、お仕事で忙しい方など、風邪で辛いのにどうしても受診できない方にとって、零売薬局は強い味方です。

そもそも零売薬局とは一体何なのでしょうか?

零売薬局とは、処方箋なしでお薬の販売ができる「零売」という制度を取り入れ、普段は病院で貰うお薬を、10分程度の待ち時間で購入できるところです。

国が定める薬価での販売にはなりますが、診察料も要りませんし、必要な分だけを小分けで買うことができるので、時間だけでなく医療費削減にも繋がります。
薬剤師が相談に乗り、自分に合ったお薬を専門的な知識から正確に判断し、選んでもくれます。現在はまだ店舗が少ないく利用できる地域は限られますが、時代のニーズに合わせ、今後は店舗が増えて行く可能性もあるため、忙しい方の救世主的存在になってくれるかもしれません。

 

当セルフケア薬局も零売薬局にあたります。

LINE友達登録をしていただくと「欲しい薬が置いてあるか?」「現在服用中の薬と一緒に飲んでも大丈夫か?」などの薬についての疑問をLINEから薬剤師に相談することができます。
ちょっと聞きたいときにご活用くださいね。

LINE登録していただいていると店頭で薬を20%オフの価格で購入できますので、
お薬をご購入の際はその旨お知らせください。

 

http://selfcare-sdc.com/blog/%E9%9B%B6%E5%A3%B2%E8%96%AC%E5%B1%80/2019/09/20/tokyo_reibai_matome/

 

http://selfcare-sdc.com/blog/%E9%9B%B6%E5%A3%B2%E8%96%AC%E5%B1%80/2019/06/06/yakkoku_yasui/

 

ピーエイ配合錠の効果と特徴

 

まずは、ピーエイ配合錠とはどのようなお薬なのかについてご紹介します。

 

ピーエイ配合錠は、鼻水や咳、喉の痛み、頭痛、体の痛みなど、かぜ症状に処方される、とてもスタンダードなお薬です。

 

ピーエイに配合される主成分は、この4つです。

 

・サリチルアミド(痛みを和らげ熱を下げる)

・アセトアミノフェン(痛みを和らげ熱を下げる)

・カフェイン(風邪特有の頭がぼーっとする症状を緩和、鎮痛作用をサポートする)

・メチレンジサリチル酸プロメタジン(アレルギー症状を抑える)

 

風邪特有の諸症状、全般的に効くようなお薬であることが主成分からわかります。

 

風邪の症状でお悩みの方は、ピーエイ配合錠と似た効果を持つ薬を感冒薬一覧から合わせてチェックしてみてください。

服用する上で注意したいこと

 

よく処方される風邪薬ではありますが、服用する際の注意点もきちんと把握しておきましょう。

 

まず注意したいのは「肝障害」「腎障害」「気管支喘息」「緑内障」「前立腺肥大症」このような症状をお持ちの方は、ピーエイを服用することで症状悪化の可能性もあるため、診察時に医師へあらかじめ伝えましょう。

 

次に注意したいこととして、服用中はアルコールは控えることです。相互作用により、肝機能に障害が出やすくなると報告されています。いずれにせよ、アルコールは風邪症状を悪化させるので、症状が治るまで控える方がベター。また、服用中は眠気が出ることもあるため、車の運転には注意して下さい。

 

『乳幼児および妊婦、授乳中の方へ』は服用を避けるのが良い

妊婦(12週以内、あるいは後期)がピーエイを服用することにより、胎児へ影響が出ることが報告されています。また、授乳中の方も、乳汁を介して乳児に移行する可能性があるため、極力避ける方が良いでしょう。

 

また、ピーエイは、2歳未満の乳幼児には基本的に処方されず、呼吸障害を起こす副作用も報告されていますので、飲ませないよう注意して下さい。

 

ピーエイ配合錠の副作用

副作用として一番多く報告されているのが、胃腸障害です。普段から胃腸の弱い方は診察時に医師へ伝えておくと良いでしょう。一緒に胃腸薬を処方してもらうことにより、このような副作用を避けることができます。

このほか、アナフィラキシー(呼吸困難、血圧低下、蕁麻疹など)や、喘息の発作、めまいの出る方もいます。急に筋肉痛のような症状や脱力感を感じた場合も服用をやめて、医師または医療従事者に相談して下さい。

 

まとめ

 

風邪といえども放っておけば症状が進行し、副鼻腔炎や咽頭炎、さらには慢性的な病気へ悪化することもあります。なかなか治らないからと風邪薬を乱用するのも絶対に避けましょう。

 

風邪を引きにくい体質作りも心がけたいですね。十分な睡眠はもちろんですが、運動を取り入れて体力をつけたり、栄養を食事でバランス良く摂ることも、健康な体づくりの基本です。例えば、緑黄色野菜やレバー、うなぎなどのビタミンAは、喉や鼻粘膜を保護する働きがあります。豚肉や大豆などからは、体の疲れや怠さを解消するためのビタミンBが。ウィルスへの抵抗力を高めるために、ビタミンCもおすすめです。レモンやキウイ、イチゴなどのフルーツにビタミンC

豊富に含まれます。食事から全てを摂るのが難しい時には、サプリなどを利用しても良いですね。

 

忙しい毎日の中、すこやかな体を根本にそなえ、元気な毎日を過ごしましょう。

 

http://selfcare-sdc.com/blog/uncategorized/2019/11/14/post-1401/

 

http://selfcare-sdc.com/blog/uncategorized/2019/11/17/post-1429/

 

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。