アレルギー性鼻炎の薬は飲み続けても良い?

「アレルギー性鼻炎の薬は飲み続けてもいいのだろうか…」
アレルギー性鼻炎になると、さまざまなアレルゲンに反応して、鼻水やくしゃみなどの不快な症状が現れます。特に症状が酷くなると日常生活も困難になるため、アレルギー性鼻炎の薬を飲み続けている方もいるでしょう。

では、アレルギー性鼻炎の薬を飲み続けることで、体に悪い影響は出ないのでしょうか?今回はアレルギー性鼻炎の薬の長期服用について解説していきます。

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎は、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが、鼻の粘膜に付着してアレルギー反応を起こすものです。アレルギー性鼻炎の症状は、鼻水・くしゃみ・鼻づまりなどが挙げられます。また、アレルゲンは鼻以外の口や目などから入ってもアレルギー反応を起こすことがあり、目の痒みや咳などが症状として現れます。

アレルギー性鼻炎で処方される薬について

アレルギー性鼻炎は薬でその不快な症状を緩和できます。アレルギー症状を鎮める薬・漢方薬にはさまざまなものがありますが、眠気の有無など飲む人の体質によって、適した薬や量が変わってくるでしょう。飲み薬や点鼻薬が代表的なアレルギー性鼻炎の治療方法ですが、現在では鼻の中に弱いレーザーを当ててアレルギー反応を抑制する治療などもあります。

アレルギー性鼻炎の薬は飲み続けても良い?

花粉症など季節性のものではなく、通年性の物質がアレルゲンの場合で、症状がきつければアレルギー性鼻炎の薬を必要最小限飲み続けなくてはいけません。例えば、ダニやハウスダストなど一年中存在するものにアレルギーがある方は、長期服用になるでしょう。ただし、アレルギー性鼻炎で症状が落ち着いている時期があれば、医師の判断のもと休薬したり、通年性アレルギーであっても相談のうえ薬を飲む回数を減らしても良いでしょう。

薬は肝臓で代謝されるため、アレルギー性鼻炎の薬の長期服用に不安を感じているのなら、定期的に血液検査で肝臓の状態を調べることをお勧めします。また、先ほどお伝えしたレーザー治療を行うと、アレルギー性鼻炎の薬を飲まずに症状を緩和できる可能性があります。アレルギー性鼻炎の薬の長期服用に抵抗を感じているのなら、その他の治療方法を検討してみると良いでしょう。

アレルギー性鼻炎の方は根本部分の見直しを

アレルギー性鼻炎の薬は症状を緩和させるために存在するものなので、長期間薬を飲み続けても、アレルギー性鼻炎が治ることはありません。辛い症状を薬の力で和らげるのは有効な手段ですが、薬に頼らずに体調を良くする方法も知っておくべきでしょう。

アレルゲンを避ける

アレルゲンとの接点を減らせば、アレルギー性鼻炎の症状は落ち着きます。具体的には、花粉アレルギーの場合は花粉の季節にメガネ・マスク・ゴーグルなどを使い、洗濯物を外に干さないなどの工夫をしましょう。ハウスダストがアレルゲンの方は、部屋を清潔に保つ・布団乾燥機と掃除機を使って布団に潜んだダニの死骸やふんを吸い取るなどの方法が有効です。アレルゲンによって最適な対処法が変わるため、自分が何のアレルギーであるか検査をすると良いでしょう。

鼻うがいでアレルゲンを洗い流す

鼻から塩水を入れて口から出し、鼻粘膜に付着したアレルゲンを洗い流す鼻うがいをすれば、アレルギー反応を緩和できます。また、鼻洗浄用品や洗浄液はさまざまなものが販売されていますので、そのようなものを活用しても良いでしょう。

初めは上手く行えない場合もありますが、慣れてくると鼻がすっきりする感覚を感じられるようになります。
また、鼻うがいは鼻に入ってしまったウイルスも洗い流せるため、風邪の予防効果も得られます。

鼻の乾燥を防ぐ

鼻は乾燥すると敏感になり、鼻水や鼻詰まりが起きやすくなります。加湿器などを使って部屋の湿度を一定に保ち、鼻腔を乾燥させないようにしましょう。お風呂に入って体を温め、血行の流れを良くするのも効果的です。

ストレスを溜めずに体をしっかり休める

疲労やストレスは自律神経を乱れさせるため、アレルギー性鼻炎の症状を悪化させます。自分に適した方法でストレスを発散し、しっかりと休養をとりましょう。忙しい時でも睡眠時間を減らさずに生活のリズムを整えることが大切です。適度な運動や気分転換できる趣味などを、日常生活に取り入れてください。

まとめ:アレルギー性鼻炎の薬は飲み続けても良い?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・アレルギー性鼻炎の治療には飲み薬や点鼻薬だけでなく、弱いレーザーを当てる治療もある
・通年性の物質がアレルゲンの場合、薬を必要最小限飲み続けなくてはいけない
・アレルギー性鼻炎の症状が落ち着いている時期があれば、医師に相談のうえ休薬してもよい。
・アレルギー性鼻炎の方は根本部分の見直しとして、アレルゲンを避けたり鼻うがいといった方法がある
以上の点が重要なポイントでした。辛い症状を抑えるために薬は有効ではありますが、薬だけに頼らずにアレルギー症状を緩和させるためには、日々の生活の中で今回紹介したような行動を心がけましょう。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する