肩こりがひどい…肩こり痛の原因とは?

「肩こりがひどい…原因は何だろう…」
「ひどい肩こりにならないように予防したい…」
ひどい肩こりにお困りの方はいらっしゃいませんか?肩こりは軽視されがちな疾患ですが、重度になると目眩・吐き気・頭痛など、日常生活が送りづらくなる症状があらわれる場合もあります。また、何らかの病気によって、ひどい肩こりが引き起こされている可能性も考えられます。

今回の記事では「ひどい肩こりの原因」や「肩こりの予防方法」をテーマにお届けしていきます。ひどい肩こりに悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてください。

肩こり(肩こり痛)とは?

肩こりとは、首の付け根から背中の筋肉がこわばって、だるさ・痛み・重さ・疲労感を感じることを指しています。人によって自覚症状が変わり、慢性化すると頭痛・目眩・吐き気などの症状が現れる場合もあります。

肩こりがひどい…肩こりの原因とは?

肩こりの原因は大きく分けて、血行不良・筋肉疲労・末梢神経のダメージ・病気の4つのパターンに分けられます。

血行不良

肩の周りにある筋肉には多くの血管が通っており、筋肉を伸び縮みさせて血液を体中に届けています。肩の筋肉が硬くこわばってしまうと血行が悪くなって筋肉を硬くし、さらに血行が悪くなるという悪循環に陥ってしまうのです。

筋肉疲労

長い時間同じ姿勢を続けていると、筋肉は常に緊張を強いられます。その結果、筋肉の中にある乳酸が蓄積されていき、筋肉が硬くなってしまうのです。

末梢神経のダメージ

末梢神経は、全身に張り巡らされている痛みや痺れを感じるための神経です。筋肉が硬くなることで末梢神経がダメージを受け、張りや痛みを引き起こします。

病気

病気が原因でひどい肩こりが起こることもあります。例えば心臓の病気では、心臓の自律神経と首から肩の知覚神経が同じ経路を通るため、肩に痛みを感じることがあるとされています。そのほかにも肩関節の疾患である五十肩や、首の疾患である頸椎椎間板ヘルニアなども肩こりの原因となり得ます。

長時間同じ姿勢のデスクワークなどで注意が必要

最も多い肩こりの原因であるデスクワークでは、長時間同じ姿勢で作業を続けることで、肩や首周りの血行不良・筋肉疲労を招きます。30分に一度または1時間に一度は姿勢を変える・ストレッチをする・立ち上がって肩や首周りを動かすなどの方法で、筋肉の緊張をほぐしましょう。肩を上げ下げするだけでも、筋肉の緊張を緩和できます。

運動不足の人も注意が必要

運動不足の方は、筋肉が減り硬くなりやすくなっています。特に、普段から体を動かす機会が少ないという自覚があるのなら、定期的な運動を生活に取り入れるようにしましょう。ウォーキングやジョギングの時間が用意できないという方は、10回1セットのスクワットを1日3セットするだけでも運動不足が解消できるでしょう。

ひどい肩こりの予防・改善方法について

続いて、ひどい肩こりを予防・改善するために効果的な方法を紹介します。

マッサージ

肩をマッサージして筋肉の緊張をほぐし、血流を促します。マッサージ屋に通う方法もありますが、電気治療機を活用しても良いでしょう。

ストレッチ

デスクワーク中の肩や首のストレッチは、肩周りの筋肉のこわばりをほぐします。リフレッシュ効果も得られるため、デスクワークが多い方ほど「何十分に1回ストレッチをする」というルールを作ったりして、定期的に体を動かしてください。

患部を温める

肩こりを感じる部分を温めて血行を促進します。筋肉の緊張も緩和されるため、痛みを感じている部分にも効果的でしょう。また、肩こりの原因の一つであるストレス解消効果も期待できます。

薬治療

あまりに肩こりがひどい場合には、鎮痛成分を含んだ薬を服用して痛みを抑えるという方法もあります。

まとめ:肩こりがひどい…肩こり痛の原因とは?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・ひどい肩こりの原因には血行不良、筋肉疲労、末梢神経のダメージなどが挙げられる
・長時間同じ姿勢のデスクワークなどでは肩こりの注意が必要である
・ひどい肩こりを予防するにはストレッチやマッサージが有効である
以上の点が重要なポイントでした。セルフケアで症状を緩和できる場合が多い肩こりですが、病気によって引き起こされる可能性があることも知っておくべきです。あまりに肩こりが辛い・症状が長引く方は、専門機関で診てもらうのが良いでしょう。

処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局のメリットについて

処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局には、いくつものメリットがあります。通常、医療用医薬品が必要な場合には病院に行って診察を受ける必要がありますが、零売薬局であれば医師の診察なく薬が購入できますので、薬を手にするまでの時間を短縮することができます。

また、診察料や処方箋料などがかかりませんので、費用負担を抑えることができる場合があります。ただし、郵送販売はしていませんので、薬を使用するご本人が零売薬局に向かう必要があります。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する