気管支炎とは?気管支炎の症状や原因などについて

「気管支炎とはどのような症状のことをいうのだろう…」
「気管支炎はなぜ起こるのだろう…」
気管支炎の概要について知りたい方はいらっしゃいませんか?気管支炎になると、咳が止まらなくなったり喉が痛くなったりするなどの不快な症状に悩まされてしまいます。また気管支炎は、一過性の気管支炎である急性気管支炎と、長期的に症状が出る慢性気管支炎に分かれます。多くの急性気管支炎は自然に治癒しますが、慢性気管支炎は長く続いているものですので放置は厳禁です。

今回の記事では、「気管支炎とは何か?」「気管支炎の症状・原因」について分かりやすく解説していきます。咳や喉の違和感があるのなら、ぜひ参考にしてください。

気管支炎とは?

気管支炎とは気管支の炎症によって引き起こされる疾患で、冒頭でも軽くお伝えしたとおり数日〜数週間で症状が治る急性気管支炎と、長期的に症状が続く慢性気管支炎に分類されます。通常の風邪でも咳は出ますが、風邪で炎症を引き起こす上気道より深い部分に炎症が発生するものを、一般的に気管支炎と診断します。

気管支炎の症状とは?

続いて、急性気管支炎と慢性気管支炎の症状について見ていきましょう。

急性気管支炎の症状

急性気管支炎の主な症状は、咳・痰・喉の痛み・発熱・関節痛・倦怠感などです。症状が進行すると、呼吸とともにゼーゼー・ヒューヒューという音がする場合もあるでしょう。特に子供や赤ちゃんは気管支が細く弱いことから、症状が悪化しやすいため、十分な注意が必要です。

慢性気管支炎の症状

慢性気管支炎では、数ヶ月にわたって咳や痰の症状が続きます。痰には粘り気があり、黄色や緑の色がつくこともあります。

気管支炎の原因とは?

気管支炎の多くは風邪の合併症により発症すると言われています。風邪によって免疫力が低下した状態の気管支にウイルスが入り込み、急性気管支炎になるのです。

また、慢性気管支炎の原因には、煙草による刺激・大気汚染・アレルギーなどがあります。煙草が原因の慢性気管支炎では、毎日喫煙する煙草の数が多いほど症状が重くなるでしょう。

気管支炎の診断について

気管支炎の診断は症状をもとに進められますが、検査が実施されることもあります。炎症の箇所・感染の原因となるウイルスや細菌の特定のために、血液検査・痰の検査・胸部エックス線・CT検査・呼吸機能検査などが、診断のためにおこなわれることがあります。

気管支炎の治療

気管支炎の治療方法は、急性気管支炎か慢性気管支炎かによって変わります。急性気管支炎の多くはウイルスが原因であるため、症状を緩和する対症療法が行われ、辛さを和らげながら体の回復を促します。

また、喫煙を原因とした慢性気管支炎に罹っている時には、禁煙が最も効果的な治療方法です。自分自身で禁煙をすることが難しい方は、禁煙外来を利用する必要があるでしょう。

気管支炎の予防方法とは?

気管支炎の原因の多くは、ウイルス・細菌・喫煙であることから、感染症対策と禁煙が気管支炎の予防につながります。特に急性気管支炎の予防には、ウイルス・細菌の侵入を防ぐために、普段からマスクを着用する・手洗いを徹底すると良いでしょう。

また、風邪に罹ってしまっても、十分な睡眠と栄養を摂取しながら体を休ませれば、気管支炎を併発せずに済む可能性が高くなります。咳は乾燥によって引き起こされることから、加湿器を使って部屋を乾燥させないようにするのもお勧めです。

気管支炎はどれぐらいで治るのか?

ほとんどの場合、急性気管支炎は数日から数週間で自然に治っていきます。慢性気管支炎に罹ってしまった時には医療機関を受診し、適切な治療を受けた方が良いでしょう。長く続く咳や喉の違和感には、別の疾患が潜んでいる可能性もあるのです。

まとめ:気管支炎とは?気管支炎の症状や原因などについて

いかがでしたか?今回の内容としては、
・気管支炎とは気管支に炎症がある状態を指す
・気管支炎は急性気管支炎と慢性気管支炎に分けられる
・気管支炎の症状は咳、痰、喉の痛み、発熱、倦怠感などが挙げられる
・気管支炎の多くは風邪の合併症により発症する
以上の点が重要なポイントでした。長期的に咳や痰が続く場合は慢性気管支炎が疑われますので、気管支炎の予防方法を理解し、気管支炎になること自体を防げるようにしましょう。

処方箋なしで病院の薬が買える零売薬局で購入不可な薬について

処方箋なしでも、一定の条件の中で病院の薬を買うことができるのが、零売薬局です。ただし、病院の薬であれば何でも購入できるというわけではありません。医療用医薬品は、「処方箋医薬品」と「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」に分けることができ、零売薬局で取り扱えるのが、後者の処方箋医薬品以外の医療用医薬品になります。

購入可能な薬の例としては、鼻炎やかゆみの薬・胃腸薬・ビタミン剤・点眼薬・痛み止めなどであり、零売薬局で購入ができない薬としては、高血圧の薬・糖尿病の薬・睡眠薬・高脂血症の薬・向精神薬などが挙げられます。

具体的なお薬のご相談、価格・在庫確認は
公式LINEアカウントからお問合せください。
LINE友達は通常価格の20%OFF
ご購入いただけます。
新規の方にはお得なクーポンも!

初回利用限定5%OFFクーポン配布中

LINEでお友達登録する