コラム

ビオチンって市販で買えるの?どんな症状に効くの?

「ビオチン」というお薬はご存知でしょうか?あまり聞き慣れない方も多いかと思いますが、ビタミンB群の一種で湿疹、ニキビなど皮膚症状の改善に効果があります。繰り返す肌荒れを改善したいという方や、きれいな肌を保つために自分でメンテナンスしたいという方は、ビオチンを試してみてはいかがでしょうか。

この記事では、ビオチンの作用と市販で購入する方法をご紹介します。

ビオチンは病院じゃないと買えない?市販はない?

ビオチンは湿疹やニキビなどの症状改善に効果がある医療用医薬品です。皮膚科で処方されることの多いお薬ですが、市販で購入する方法もあります。

ビオチン散は処方箋なしで購入できるところがある

ビオチンは病院で処方される医療用の医薬品がありますが、基本的には湿疹や皮膚炎など何かしらの症状がないと処方してもらうことができません。

病院を受診するほどの症状はないけど、気軽に市販でビオチンを購入してみたい、という方には、以下の2つの購入方法があります。

・ビオチンを含むサプリメントを購入する場合

サプリメントはドラッグストアで市販されているため、飲みたいときに気軽に購入できるのがメリットですね。しかし、メーカーや商品によって含有量にばらつきがあり、医療用に比べると含有量は少なくなることが多いです。

また、医療用のビオチンに比べて価格も高めです。

・零売薬局で購入する

零売薬局では医療用のビオチンを購入することができます。病院で処方されるのと同じ、医療用のビオチンを市販で購入できるのがメリットです。保険が使えないため自費での購入となりますが、受診料がかからないため、価格も比較的抑えられます。

医療用のお薬が購入できる零売薬局って?

零売薬局は処方箋なしで「医療用医薬品」を市販している薬局です。街の薬局のほとんどは、処方箋による調剤を行う調剤薬局ですが、少しずつ零売薬局が増え始めています。

「医療用医薬品」というと処方箋がないと購入できないイメージをお持ちの方が多いと思いますが、処方箋を必要としない「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」というのも約7,000種類あります。零売薬局では「処方箋医薬品以外の医療用医薬品」を患者さんが必要な分だけ取り分けて市販しています。

まだ全国的に店舗は多くありませんが、このセルフケア薬局(http://selfcare-sdc.com/)も零売薬局に当たります。

全ての医療用医薬品を零売薬局で購入できるわけではないのですが、ビオチンは零売薬局で購入できる薬です。

また薬剤師が常駐していますので、病院に行くほどではないけどちょっと気になる症状があるときなど、気軽に立ち寄って相談していただけます。

お薬の使い方や、在庫確認、販売できるお薬を相談することができるLINE公式アカウントはこちら!

[maxbutton id=”1″ ]

ビオチンってどんな薬なの?

ビオチンはビタミンB群のひとつで、代謝に関わる作用があります。効果としては、以下のような症状に適応があります。 

・急性・慢性湿疹

・小児湿疹、接触性皮膚炎

・脂漏性湿疹

・尋常性ざ瘡

繰り返す肌トラブルに悩んでいる方は一度試してみるといいですね。

ビオチンが足らなくなるとどんなことが起こる

ビオチンはキノコ類やレバー、ナッツ類などにも含まれますが、体の中でビオチンが不足すると下記のような症状が出ることがあります。

・皮膚炎

・脱毛

・食欲不振

なかなかきちんとした食事をとれない方は、日々の栄養補給の補助としてビオチンを取り入れてみるといいかもしれません。

まとめ

・ビオチンはビタミンB群のひとつで、肌症状の改善に効果的

・ビオチンは市販のサプリメントか医療用のビオチンとして服用できる

・医療用のビオチンを購入したい場合は零売薬局で購入できる

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。