コラム

ポンタールは市販で買える?種類豊富な鎮痛剤は何を選べばいい?

病院に行きたくても行けない時、鎮痛解熱剤のポンタールを市販で購入したいと思う方も多いのではないでしょうか?

今回は、ポンタールを市販で購入できるセルフケア薬局についてと、ポンタールの詳しい効果効能についてをご紹介します。

セルフケア薬局のHPはこちら!

 

今回の記事では、以下を知ることができます。

・ポンタールを市販で購入する方法
・ポンタールと他の解熱剤の違い
・ポンタールの服用が適している時
・ポンタールを使用する際も注意点

 

 

ポンタールを市販で購入する方法

 

ポンタールに含まれるメフェナム酸という成分の薬は、現在は医療用のみ取り扱いがあり、一般のドラッグストアでは購入できません。このため、購入したいときは病院で処方箋を書いてもらうか、市販であれば零売薬局で購入できます。

 

処方箋なしで薬が買える零売薬局で購入

 

零売薬局は処方箋なしで買える病院と同じ薬(非処方箋医療用医薬品)を市販している薬局です。街の薬局のほとんどは、処方箋による調剤を行う調剤薬局ですが、少しずつ零売薬局が増え始めています。

原則医師の処方となる「医療用医薬品」は、処方箋がないと購入できないイメージをお持ちの方が多いと思いますが、処方箋を必要としない薬(非処方箋医療用医薬品)というのも約7,000種類あります。零売薬局では患者さんが必要な分だけ取り分けて市販しています。

 

病院にかからず薬を買う場合のお値段ってどれくらい?

 

零売薬局で薬を購入する場合は、お薬代金のみいただくのが一般的です。
一例として、零売薬局であるセルフケア薬局では、ポンタールカプセルは10個で750円です。他に診察代等はかからないため、少し頭痛や熱があるけど、病院にかかるほどではない、といったときに気軽に利用しやすい選択肢ですね。

また、保険診療ではないため、保険証は持参しなくて大丈夫ですが、アレルギー歴や、他に飲んでいる薬がある場合はその情報がわかるものを持参いただけるとスムーズにお薬を購入いただけます。

セルフ薬局ではLINE友達登録をしていただくと、お薬の飲み合わせなどを薬剤師に相談することができます。
また、常に20%オフの価格で薬を購入できますので、よろしければご活用ください。

 

http://selfcare-sdc.com/blog/%E9%9B%B6%E5%A3%B2%E8%96%AC%E5%B1%80/2019/09/20/tokyo_reibai_matome/

 

 

解熱鎮痛剤ポンタールの特徴

 

解熱鎮痛剤はどれを選べばいい?比較してみた

皆さんは普段、痛み止め、解熱剤は何をお使いでしょうか。おそらく、ロキソニン、イブ、カロナールを飲まれる方が多いかと思います。この中では、カロナールのみお薬の種類が少し違い、ロキソニン、イブや今回紹介するポンタールは「NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)」に分類されます。

まずは、カロナールとNSAIDsの特徴をご紹介します。

 

<カロナール>

・解熱・鎮痛作用あり

・抗炎症作用はほとんどない

・作用が穏やかなので、子供や妊婦・授乳中の方に使われることが多い

 

<NSAIDs(ロキソニン、イブ、ポンタールなど)>

・解熱・鎮痛・抗炎症作用がある

・痛みの原因となる物質(プロスタグランジン)を抑える

・胃腸に負担がかかることがある

 

 

http://selfcare-sdc.com/blog/uncategorized/2019/11/05/post-1334/

 

ポンタールの服用がおすすめのとき

ポンタールはNSAIDsの中で比較的鎮痛作用が強いといわれており、歯痛、生理痛や手術後の痛みを和らげるのに使われることが多いです。

また、ロキソニンに比べると作用時間が長いという特徴があります。このため、通常の風邪での発熱や痛みをおさえたい場合は1日1~2回の服用で効果が得られます。忙しくて1日3回の薬だとついついお昼の分を飲み忘れてしまう、という方におすすめですね。

 

ポンタールを飲むときの注意点

ポンタールを飲むときは下記の点に注意しましょう。

 

<ポンタール服用時の注意点>

・胃に負担がかからないよう、空腹時の服用は避ける

・まれに眠くなることもあり

・インフルエンザによる発熱時には服用しない

 

また、胃潰瘍や重い高血圧など、持病のある方は事前に医師・薬剤師に相談しましょう。

 

 

まとめ

 

・解熱鎮痛剤には種類があり、穏やかに効かせたいときはカロナールを、しっかりした効果を期待する場合はポンタールやロキソニンなどのNSAIDsがオススメ

・ポンタールはロキソニンなどに比べて作用時間が長いため、1日1~2回の服用でも効果が期待できる

・医療用のお薬がほしいけど病院に行く時間がないときには零売薬局も一つの選択肢に

 

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。