コラム

しつこい鼻水・鼻づまりを止めるには?辛い花粉症状のセルフケア方を伝授

 

花粉時期の、ジュルジュルとした鼻水、しつこい鼻づまり症状。

不快感だけではなく息苦しさも同時に感じ、「夜寝苦しい」などといったストレスを感じる方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、花粉による鼻炎症状はどうして起こるのでしょうか?

今回は、鼻水鼻づまりの辛さを軽減するセルフケア方法についてと、鼻水鼻づまりの原因やメカニズムをご説明していきますね。

 

つらい鼻水、鼻づまりをすぐに止めるには?

 

水のようなアレルギー鼻炎は、「気づけば鼻水が垂れていた」「ずっと鼻が詰まって息苦しい」なと、日常的なストレスへと繋がります。このような症状をすぐに解消できる、即効性ありな鼻水・鼻づまり対処方法をいくつかご紹介します。個人差はあるかと思いますが、簡単ものばかりですので、ぜひ一度試してみて下さいね。

 

ツボを押し「百会(ひゃくえ)」

 

辛い鼻づまり症状を止めるひとつの方法として、頭頂のちょうど中心にある「百会」というツボを押す方法があります。ぐっと強く押すのではなく、指先でトントンと叩く程度でOKです。鼻炎解消だけでなく、体の治癒力がアップされるツボでもありますよ。ぜひ試してみて下さいね。

 

鼻うがいをする

 

塩水で鼻うがいをする方法を、一度は聞いたことがあると思います。現在は便利な鼻うがい専用の商品が販売されています。例えば市販の『ハナノア』などもその類です。鼻の奥までしっかり洗い流せるよう、使いやすい専用容器が付属します。お値段も1,000円程度。ドラッグストアでも販売されています。

 

鼻を温める

 

「お風呂に入ると鼻づまりが解消された」こんな経験はありませんか?これにはきちんとした理由があり、鼻を温めることにより血行が良くなることと、適度に鼻を保湿することが良い効果を示すのです。蒸しタオルを利用しても良いですし、マグカップにお湯を注ぎ、蒸気を鼻から吸い込むのも効果的です。

 

市販のアレルギー薬を飲む

 

どうしても症状の辛い場合は、市販の鼻炎薬を使うのもひとつの方法です。現在発売されているアレルギー性鼻炎薬は、昔に比べて眠くなりにくいので、お仕事や学校にも支障をきたしません。
鼻づまりは、点鼻薬でも症状が軽減されますので試してみるのも一つの手です。

飲むタイミングとしては、症状が出る前、花粉が飛散する頃に合わせて飲み始めると、症状の重症化を防げますよ。

 

そもそも花粉症(鼻炎)はなぜ起こるの?

 

まずは、鼻炎が起こる原因について知りましょう。

 

鼻水や鼻づまりといった症状は、鼻の中にウィルスやほこり、花粉などが入り込むことにより起こります。体が「悪いものを外へ排出しよう!」と頑張っている証拠の現れとも言えます。ですので、鼻水を無理に止めてしまうことは、場合によっては逆効果になってしまうのです。しかしながら、生活する中で鼻水を垂れ流しにするわけには行きませんよね。そんな時には、原因に合った対処方法をとる、時に鼻炎薬に頼るなどして、症状を和らげるのが一般的な対処方法です。

 

実は、意外と知られていないのですが、風邪やアレルギーなどがない普段であっても、人の体からは1日に数リットルもの鼻水が出ています。鼻水が全く出ないと鼻の中は乾燥してしまい、外気からのウィルスやホコリなどを排除できず、病気にかかりやすくなってしまいます。そうならないために、人は普段から鼻水によって鼻粘膜を保湿し、悪いウィルスから体を守っているのです。

そんな中、多くの量のウィルス、もしくは花粉などを吸い込むことにより、大量の鼻水が出てしまいます。これが花粉症による鼻炎です。

花粉による鼻炎は、薬を使い体の中から対処するだけでなく、普段からきちんと予防することも何より大切なのです。

 

鼻水の状態をみればどんな病気かわかる

 

花粉症の鼻水は、サラサラとしたまるで水のような形状をしています。風邪の初期、汚れた空気やほこりを吸い込んだ時にも同じような鼻水が出ます。基本的にこのような鼻水の場合、セルフケアにて対処が可能です。しかし、ドロッとした粘性の鼻水や、黄色い色の鼻水である場合、これは対処療法のみで治すのは難しく、病院などで抗生物質を処方してもらう必要があります。風邪症状を放っておいて、やがて症状が悪化し、副鼻腔炎へと進行するケースは珍しくありません。副鼻腔炎は一度治ってもまた振り返しやすい病気なので、そうならないためにも早めの対処が大切です。

 

されど鼻炎!放っておくと副鼻腔炎に

 

副鼻腔炎の症状とは、一体どのようなものなのでしょうか?以下のような症状のある方は、できるだけ早く病院で診てもらいましょう。

 

副鼻腔炎の症状


・顔の中心が痛い、重い

・熱がある

・頭痛がする

・ドロッとした黄色い鼻水が出る

・鼻の奥から嫌な臭いがする

 

 

副鼻腔炎は、風邪に似た症状から始まり、上記のような症状が現れます。副鼻腔炎はウィルス感染が原因ですので、抗生物質にて治療しなくてはなりません。「アレルギー薬を飲んでも症状が治らない」「長い間嫌な症状が続いている」などあれば、なるべく早く受診しましょう。

 

セルフケアで鼻炎を予防しよう(まとめ)

 

体の免疫が低下することによっても、アレルギー症状は出やすくなります。食生活が偏ってしまっていたり、睡眠不足が続いている、ストレスもよくありません。程よい運動を生活に取り入れて、体力をしっかりつけることも大切です。

体質を改善するには、3ヶ月かかると言われています。アレルギーに強い体づくりは、長いスパンで行う必要があります。無理のない程度に生活習慣を見直し、花粉に負けない強い体づくりを心がけましょう。

病院のお薬を10錠200円〜5分程度でご購入頂けます。
当サイトに記載しているお薬は一部ですので、必要なお薬がありましたらお気軽にお問い合わせください。
※店舗によって在庫や取り扱いが異なりますので、予めご了承ください。 また制度上、郵送販売(通販)は行えません。